2017.5.10

大手リフォーム会社と地元リフォーム会社のポイント比較

大手リフォーム会社と地元リフォーム会社のポイント比較

リフォーム業者選びはリフォームをする際、とても重要な過程になります。

リフォーム業者といっても、大手の会社と地元の工務店と2つのタイプがあります。それでは、各々の特徴を見ていきましょう。

1. 最先端技術vs専門技術

,,

大手リフォーム会社

大手リフォーム会社は大手なだけあって、受注数が圧倒的に多いです。

したがって、様々な住宅タイプ(一軒家、マンション、二世帯住宅)や間取りを取り扱い、ノウハウを蓄えています。

結果として、幅広くサービス展開をし、複雑な依頼にも対応してくれます。

また、様々な依頼と向き合うことで、新しい技術が生まれやすくなっています。

そこで、大手だから実現できる、資産を投資に回し、最先端の技術を生み出していくという事ができています。

 

地元の工務店

一方で、大手リフォーム会社とは違い、地元の工務店は全てに強い、受注数が多いというわけではないので専門技術に特化して高い価値を生み出しています。

これによって、部分的ではありますが、難しい要求にも対応してくれるのがポイントです。

しかし、地元の工務店とはいえども、当たりハズレはあるので、しっかりと工務店ごとの強みを把握し、自分のニーズと合わせる必要があります。

2. カチカチロジックで攻める大手リフォーム会社 vs 柔軟人情で攻める地元工務店

Human and robot hand in action of arm wrestling isolated on white background

大手リフォーム会社

前述した通り、大手のリフォーム会社は様々な依頼を持っているので、作業効率を上げる為に施工情報やクライアントの管理体制がシステム化されています。

その為、工事日程を見直す、必要な材料の確認などが素早く正確に行えます。

また、工事に不備があっても、過去の事例を元に対処する、過去に同じ事例がなくとも未来に備える事が可能となります。

大手会社ならではのブランドイメージもあることから、保証制度やサポートなども満足行くものになっております。

しかしながら、大手リフォーム店は、クライアントに安心感を与える為、また、ブランドイメージを崩さない為に、しっかりした手順を踏むので、工事に関しては期間が長くなる可能性があります。

その為、費用も高くなります。

 

 

地元の工務店

会社の規模がまだ大きくないことから、直接、職人と社長に話を持ちかける機会が多いのが特徴です。

大手会社とは違い権力の層がないので承認を得るのに時間もかからず、工事中でも変更があればすぐに対応でき、細かいところの仕様まで変更可能です。

また会社の代表が直接クライアントに対応することがあるので、仕事が非常に丁寧であり、困ったときでもすぐに対応など、柔軟に対応してくれます。

最後に

大手リフォーム会社と地元工務店を選ぶ時は、自分の予算や工事期間に見合った方を選びましょう。

また、たくさんコミュニケーションをして、自分のリフォーム構想案をきちんと理解してくれる業者を見極めるのも大切なことです。

あわせて読みたい記事はこちら!