2017.6.16

ヨーロッパ風のリビングが欲しいとリフォームするときに成功するためのポイント

ヨーロッパ風のリビングが欲しいとリフォームするときに成功するためのポイント

ヨーロッパ風のインテリアはクラシカルでありながら新鮮で憧れますよね。

憧れのヨーロッパ風のリビングにリフォームする際の成功させるポイントを考えていきます。

全体のイメージを決める

Fotolia_14431934_Subscription_Monthly_M

ヨーロッパ風のリビングが欲しいと憧れがあるなら

まずはそのイメージを絵にするなどして具体的に表してみましょう。

ヨーロッパ風の中にもいくつか種類があります。

例えば、ヴェルサイユ宮殿的な白とゴールドでデコラティブなイメージ、

木を基調にした少しカントリー調、

シンプルでシックな感じなど色々なイメージのものがあります。

リフォームを成功させるためにはまず理想のイメージをきちんと伝えるなどして、図面に起こしてもらうことが必要です。

 

壁や床や天井の雰囲気にこだわる

Weie Kche in Altbau Wohnung -  modern white Kitchen

 

お部屋において広い面積を占め、部屋の印象を左右してしまうのが壁や床、そして天井です。

ヨーロッパ風であれば、少し雰囲気のある木目の床材にすると一気に雰囲気が出ます。

 

壁はヨーロッパの雰囲気のあるシックな色や模様の壁紙を選んで、腰壁を採用してもとても雰囲気が増すと思います。

 

ヨーロッパのお宅の天井には同じ白で装飾があったりもするので、白で下がり天井風にリフォームしたり、天井にも壁紙で工夫をしても雰囲気が変わります。

ドアや窓などの建具にもこだわる

Modern scandinavian styled interior dining room with pendant light in Australia horizontal

ドアや収納の扉などの建具も全体のイメージに大きな影響があります。

毎日実際に開けたり閉めたりするので、雰囲気のあるものにすると、見るたび、触るたびに嬉しくなります。

 

扉系のものは古木のような味わいのあるものにして、窓ガラスもあえて昔の洋館にあるような味のあるガラスやステンドグラス等にしてみても素敵です。

 

ドアや窓の形も四角にこだわらず上が丸みを帯びた形のものに出来たらとイメージを広げるのも楽しいですよ。

 

おわりに

ヨーロッパ風のリビングのリフォームについて見てきましたが、とても素敵なリビングにすることがいろいろできそうでわくわくしてきますよね。

リフォームのプランニングが上手くいったら合わせる家具や小物もヨーロッパ風の物を選んでインテリアを飛び切り楽しみましょう。

雰囲気のある鏡は広く見えてヨーロッパでは欠かせないので取り入れてみてはいかがでしょうか?

納得がいくまでプランニングをして素敵なインテリアを探してください。

 

あわせて読みたい記事はこちら!