2017.6.16

オープンキッチンのリフォームで注意すべきこととは

オープンキッチンのリフォームで注意すべきこととは

オープンキッチンは開放感があって、料理していてもリビングにいる人との隔たりがないので会話をしながら料理も出来て楽しそうなどと憧れがありますよね。

しかしオープンキッチンには意外と難点もあるので、きちんと考えてからリフォームすることをおすすめします。

 

今回はオープンキッチンリフォームでの注意点をみていきましょう。

 

アイランド型のキッチンはカッコいいですが丸見えという点

Fotolia_106997431_Subscription_Monthly_M

 

オープン型のキッチンの中でも一番リビングの一部となってスタイリッシュでかっこいいイメージのあるアイランド型のキッチンですよね。

 

アイランドキッチンの場合、リビングの中にその名の通り島の様に位置するので、あらゆる角度から見えてしまうという特徴があります。

その為、常にきれいに片づけ、すっきりとした状態を保つ必要があります。

家族やお友達との一体感はとても楽しいものですが、片づけが得意な方には向いているキッチンです。

対面式のキッチンは壁付けのキッチンより場所を必要とします

-2-2

 

アイランド型と同様に人気のあるオープン型のキッチンと言えば対面式です。

対面式は一部に壁を作ることで程よくオープンにしながらプライバシーも保てます。

アイランド型より片づけが完璧でなくてもいいですし、

カウンターなど付けることも出来る点ではいいですよね。

しかし、流しの後ろに通路があり、その後ろに食器棚や冷蔵庫というレイアウトになるパターンが多いので意外と広さを必要とします

 

リフォームの際はしっかりプランニングをして、対面式にすることでリビングが狭くなってしまうことがないかしっかり確認してから行いたいものです。

 

ガスレンジや流し台の前をどのようにオープンにするか悩むところですが、あえて四角でなくて丸くオープンにするのも素敵です。

 

憧れのカウンターキッチンですが、意外と物を置いてしまう場所になってしまうことも多いので、どのように使うかきちんと考えてからリフォームするようにしましょう。

 

おわりに

今はすっかり主流となったオープンキッチン。

見通しが効いて子育てにも来客時にも向いているのは確かなのですが、デメリットもあることが分かったと思います。

 

メリットやデメリットが分かったうえできちんとプランニングして納得してリフォームをすれば素敵なリフォームになるでしょう。

是非よく考えて納得のいくキッチンにしてください。

 

あわせて読みたい記事はこちら!