2017.7.18

キッチンリフォームで収納量を増やすにはどんな方法があるの?

キッチンリフォームで収納量を増やすにはどんな方法があるの?

キッチンにはお気に入りの食器や、ストックしておきたい食材、使い勝手が違うのでついつい増えてしまう調理器具など、しまいたいものがたくさんありますよね。

キッチンをすっきりさせるために、収納量を増やすリフォームをしたいと考えている方も多いのではないでしょうか?

キッチンの形や空きのスペースなど、家によって条件が色々違う中、収納量を増やすキッチンリフォームにはどんなものがあるのか考えていきましょう。

 

スペースがある場合は全てが収納出来るタイプはいかが?

25fba8e1fc96e8f68135a5fbc8afbbd1_m

 

キッチンの後ろの壁面に大きな収納棚がおける場合は、電子レンジや炊飯器などの家電から食器や食材、そして意外とかさばって置き場に困るごみ箱まで、全てスマートに収納できるような収納棚を設置するのがおすすめです。

棚の真ん中あたりをオープンにすると、家電を使いやすい位置に置くことができ、家電用のコードもきちんと使えます。

かつ棚に扉のあるタイプならば、生活感を排除してくれるのでスマートに見えます。

お好みにもよりますが、棚は引き出しのタイプにすると、奥の方にしまったものも取り出しやすくなり、使い勝手がいいです。

場所を取ってしまうごみ箱も、下の方に収納すると、邪魔にならず使いやすくなります。

収納棚の扉も壁に合わせた白からスタイリッシュな色の物、半透明のガラスなど、インテリアのお好みに合わせて選ぶことが出来るので楽しいですね。

スペースがあまりない場合はスペースを見つけて収納を確保してはいかが?

 

457d7608e5a3736832957dba4d9439a2_m

 

元々キッチン自体が狭く、大きな収納棚を設置できない場合は、冷蔵庫の上などの高い位置を有効に使える棚に変更する方法があります。

カウンターキッチンの場合、カウンターの下に使い勝手のいい収納棚を作って食器などを収納すると、食器やカラトリーを取り出しやすくなり、家族にお手伝いもしてもらえる可能性もあるのでお薦めです。

あるいは、キッチンの作業台の収納を、昔ながらの扉の物から今主流の引き出しのタイプにすることで、使い勝手がよくなるだけでなく、収納量も増やすこともできます。

どこにもスペースがない方は、この方法もお薦めです。

収納は場所の確保もありますが、使い勝手も大きく影響するので、場所のない方は使い勝手を改良してみてはいかがでしょうか?

おわりに

キッチンは家電やごみ箱、食材など生活感のあるものが多い場所なので、ごちゃごちゃしてしまうのは仕方ないかと思っていましたが、今はとてもスタイリッシュでかっこいいものも増えています。

収納しやすく、かっこいいキッチンを目指していきたいものですね。

あわせて読みたい記事はこちら!