2017.8.21

屋上のある方必見!屋上の有効活用法とは?

屋上のある方必見!屋上の有効活用法とは?

屋上がある家に住まれている方は、屋上も上手く活用したいと考える方が多いです。

しかし、どのように活用するか悩んでしまうケースも少なくありません。

屋上を有効活用するためにはどのような方法があるのでしょうか?

 

休日の過ごし方として活用する!

屋上

天気のいい日や穏やかな気候が続く季節には、夕涼みをしながら食事をとりたいと考える方もいるでしょう。

屋上がある家庭は、テーブルや椅子を事前に用意しておくことで、食事や飲料を持ち込んで屋上でピクニックのように楽しむことができます。

また、屋上は仲の良い友人を呼んでパーティーを開くにも便利なスペースです。

開放感のある屋上で、普段とは違う食事や遊びで盛り上がることができるでしょう。

パーティーや食事の他に、読書をしながらのんびり日光浴をしたり、ゆっくりお昼寝をしたりと、気分をリフレッシュする場として活用するにも最適なスペースです。

子供やペットと楽しめるスペースとして有効活用する!

屋上

 

周りの環境にもよりますが、屋上からは夕日や夜景、花火が見える場合もあるため、子どもとじっくり花火を観賞することにも向いています。

落下防止柵などの安全装置を設ける必要がありますが、広い屋上であれば子供やペットの遊び場としても活用することが可能です。

交通事故や不審者を心配する必要がありません。

床が硬かったり、防水加工等の床の反射により屋上の床は暑くなりがちです。

その場合、柔らかい人工芝のようなものをひいておくと、見た目がオシャレな上、子供も裸足で遊べます。

夏にプールを置く場合にも、人工芝がクッション代わりとなり、安心できるでしょう。

また、ペットを飼っている家庭であれば、屋上にドッグランを作り、ストレスなく自由に遊ばせてあげることができます。

太陽光発電を設置して屋上を有効活用!

屋上でソーラー

 

近年少しでも光熱費を節約するために、屋上の一部に「太陽光パネル」を設置し、太陽光発電をしている家庭も少なくありません。

太陽光パネルを設置することのメリットは、主に光熱費を節約することができる点と、余った電気を売ってお金に変えることができる点です。

その他にも、台風や積雪によって起きた停電の際にも電気を使えたり、寿命が長く、故障しにくかったり、太陽光発電のメリットは多くあります。

その反面、太陽光発電は初期費用が高いことや、発電量は日射量に左右されるなどのデメリットもあるため、設置にはそれらの点も考慮する必要があります。

家計をやり繰りしている主婦の方にとって、光熱費を節約することができるのは嬉しいことですが、太陽光発電を設置する際には、前述したメリットとデメリットに注意しましょう。

屋上を太陽光発電だけに使用してしまうと、それ以外の用途で使えなくなってしまいます。

上手く屋上スペースを使いたい方は、なるべく小規模な太陽光パネルを導入することをおすすめします。

あわせて読みたい記事はこちら!