2017.12.15

賃貸マンションでもできる結露対策

賃貸マンションでもできる結露対策

外気と室内の温度の差それと部屋の湿度が原因で起こるのが結露です。

結露が発生するとカビなど体への影響が心配ですよね。

冬の寒い時期に窓のお掃除やサッシのお掃除をするのも大変です。

そこで今回は、賃貸マンションでもできる結露対策についてご紹介します。

こまめな換気

Regentropfen auf dem Fenster

 

外気と室内の気温差それと室内の湿度が原因の結露の一番の対策は、換気ともいわれています。

部屋の湿気を外に出すことで結露対策ができます。

 

また、空気の通り道をつくることで換気が効果的にでき、部屋の気の流れもよくなり良いことがあるかもしれません。

たとえば、8畳ほどの部屋ならば10分ほど空気の入れ替えをすると効果的と言われています。

お掃除をしているときに換気も一緒にするのはいかがでしょうか?

また、寝る前の10分間で換気をすれば朝の結露対策が可能です。

試してみてください。

ほかにも調理するときは、換気扇を回しますが調理後1時間くらい換気扇を回しておくのも効果があると言われています。

是非試してみてください。

暖房方法の見直し

オイルヒーター

 

部屋を早く効率的に暖めるためには、石油ストーブやファンヒーターなどを使用するという方も多いかもしれません。

 

ですが、石油ストーブやファンヒーターなど火で燃やすタイプは水蒸気が発生して部屋の湿度を上げます。

湿度が上がると結露の原因ともなります。

 

逆にエアコンやオイルヒーターなど部屋全体をゆっくり暖め燃焼しないタイプは、水蒸気の発生も下がるので結露対策にはおすすめです。

 

また、厚手のカーテンを閉め切った状態にすると結露が発生します。

これは、窓とカーテンの隙間に湿気がたまるからです。

カーテンは開けている方が結露対策に良いです。

窓の結露対策

お掃除をする女性

 

結露が一番発生しやすい場所は、です。

窓の結露対策は、新聞紙を貼る、キッチン洗剤で窓を拭くなどいろいろ方法はあります。

たとえば、新聞紙をサッシに詰めておくと新聞紙が結露を吸います

また、ぬれた新聞紙やキッチン用洗剤で窓を拭くときれいに拭けます。

キッチン洗剤の場合は、水100〜200mlに大さじ1杯入れることで、簡単に窓拭きスプレーが作れますのでオススメです。

 

 

結露対策は、早めに行いましょう

いかがでしたか?

今回は、賃貸マンションでもできる簡単な結露対策をご紹介しました。

結露対策は、早めに行いカビや雑菌を防ぎましょう。

 

 

 

あわせて読みたい記事はこちら!