2018.1.5

マンションの玄関を広く見せたい!オススメリフォーム法

マンションの玄関を広く見せたい!オススメリフォーム法

マンションの玄関は、全体の統一感があるため自分たちのライフスタイルに合わせて決めることが難しいです。

しかも、マンションの玄関は、スペースに限りがあるので狭い空間がより狭く感じることもあります。

そこで今回は、マンションで玄関を広く見せるためのおすすめリフォームを3つご紹介します。

 

 

オススメその1. 壁面収納をつける

玄関収納

 

マンションの玄関は、収納が取り付けられている場合があります。

自分のライフスタイルに合わない場合もあったり、収納の使い勝手が悪いと、物が外に出たままの状態が続くことがあります。

そうすると玄関を広く見せることや綺麗に見えません。

 

玄関のリフォームを考えるときは、まず収納スペースをどうするかをお検討しましょう。

たとえば、壁面収納にして収納扉を淡い色にする、鏡をつけるなどすると玄関スペースが広く見えます。

壁面収納も全面やセパレート、コの字型やロの字型などライフスタイルに合わせてえらべるのでおすすめです。

また、壁面収納を取り付ける場合は、足元に空間を作って照明を取り付けるとより広い演出が可能です。

 

基本的には玄関には物が出ていない状況を目指しましょう。

その為に、収納内の扉にも壁面収納を作る等で収納率を高めるというのも重要でしょう。

オススメその2. 照明を取り入れる

住宅 玄関 大理石貼り 下駄箱 廊下 イメージ 施工例

 

マンションの玄関は、一般的に窓がないので日中でも照明をつけることが多いですよね。

実は玄関で照明をうまく取り入れることで広い空間を演出できます。

 

たとえば、天井の照明を、つり下げ照明をひとつ付けるのではなく、玄関から廊下まで規則正しく同じダウンライトを付けてみる、さらに玄関収納の下に照明を取り付けて床から照明を照らしてみましょう。

そうすることで天井が高く見え空間が広がる演出ができるので玄関が広く見えます。

オススメその3. 壁紙や床の色の組み合わせ

住まいの廊下イメージ マンションの玄関

マンションの玄関は、一般的に落ち着いた色で統一されている場合が多いです。

たとえば、壁紙が白で床がグレイ、収納扉はダークブラウンなど全体的に濃い色だと玄関が広く見えません

 

この場合は、壁紙や床、収納扉など玄関で見える面積を淡い色で統一するとすっきりと広い空間に見えます。

また、白やベージュなど淡い色は、空間を明るくするのでおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、マンションの玄関を広く見せるためのおすすめリフォームについてご紹介しました。

マンションの決められたルールの中で広く見せるテクニックを身につけていかがでしょうか?

 

 

あわせて読みたい記事はこちら!