2018.2.26

東大合格!?実はリビングが重要!?どんなリビングが良いの?

東大合格!?実はリビングが重要!?どんなリビングが良いの?

東大生の半数以上は、リビングで勉強したことがある!という結果からリビング学習が注目されています。

家族が集まるリビングで勉強するのは本当に良いのでしょうか?

そしてどんなリビングでも良いのでしょうか?

今回は、子供がリビングで学習するときのポイントや気をつけることなどをご紹介します。

参考にしてみてください。

 

リビング学習のメリットとは

勉強する子供と勉強を見る親

 

なぜリビングで学習するのがいいの?

子供部屋で勉強させることと何が違うの?と思う方も多いと思います。

実はリビング学習には以下のようなメリットがあると言われています。

 

メリット①集中力が養われやすい

リビングってうるさいイメージあるし、ごちゃごちゃしているから集中はできなさそう!と感じている方も多いハズ。

おっしゃる通り、集中はし辛い環境であります。

だからこそ、集中して勉強ができるようになると、試験中等もちょっとの騒音等では動じない上にどこでも勉強ができる等、集中力が養われます。

 

メリット②親が近くで見守れる

やはり、近くに誰かいると安心できますよね。

反対に一人部屋にこもってしまうと、誰も見ていないからこそ、サボってしまったり、はかどらないこともあります。

また、親が近くで見守れることで、わからない問題があればその場で教えることもでき、子供としては、親の目があるからこそ、良い意味でも勉強をしないといけないというプレッシャーもありサボることが少なくなります。

 

ポイントは、環境を整える!

お洒落なLDK

 

リビングならばどんな環境でも良いわけではありません。

子供にリビングで学習するためには、まず、環境を整える必要があります。

環境を整えるポイントは3つです。

一つ目は、ダイニングテーブルとTVの位置です。

TVの画面が目に入ると、なんとなく見てしまって集中できなくなってしまいがちです。

その為、勉強をする位置からTVが見えないように工夫すると良いでしょう。

二つ目はダイニングテーブルとチェアの高さです。

通常、ダイニングテーブルと椅子は、大人の背丈合てつくられています。

ですからこども特に低学年のこどもが勉強するには少し高いので勉強をするときは、クッションや足を置く台などを用意して勉強しやすくしましょう。

足がブラブラしてしまうと集中しづらくなりますので、注意しましょう。

また、勉強用の文具等も取りやすい位置に収納しておくと良いでしょう。

効率よく勉強をするために、無駄を少しでも省きましょう。

少しでも面倒だと思ってしまうと、人間どうしてもサボりがちになります。

 

もうひとつは、照明です。

一般的にリビングの照明は、くつろぎを重視しているためにライトもやさしい明るさです。

リビングの明るさは、勉強するには少し暗い明るさです。

蛍光灯など明るい照明にしましょう。

たとえば、LEDライトやペンダントライトを使用すると良いかもしれません。

リビングの照明を変えるのが難しい場合は、デスクライトなどで対応しましょう。

気をつけたいことは?

Sweet teen playing a game on his tablet

 

家族がくつろぐリビングで勉強するときは、わりが気をつける必要があります。

たとえば、テレビは見えない位置に変更し音量を小さくする、テレビは消す。

こどもが近くで勉強しているからといって必要以上に干渉するのもよくないでしょう。

程よい距離感で見守るようにこころがけましょう。

リビング学習は、すべてのお子さんに向いているとは限りません。

また、勉強内容によっては、一人で集中して勉強した方が良い場合もあります。

子供が勉強に集中できるかどうかが大切です。

親も一緒にリビングで勉強しませんか?!

いかがでしたか?

今回は、リビングで学習するときのポイントをご紹介しました。

リビングは、家族のくつろぐ場所でリラックスしながらの勉強は、程よい集中力で効率も良いかもしれません。

お子様が勉強しているとき親御さんも一緒に本を読む、仕事をするなどしたら相乗効果になるかもしれません。

ぜひ、試してください。

あわせて読みたい記事はこちら!