2018.3.13

賃貸でも壁紙が変えられる!?簡単現状復帰できる方法

賃貸でも壁紙が変えられる!?簡単現状復帰できる方法

賃貸でも部屋のインテリアにはこだわりたいですよね。

しかし、賃貸の場合は、出るときの現状復帰を考えるとリフォームするのもためらいます。

今回は、リフォームが難しい賃貸でも、簡単に現状復帰できる壁紙の貼り方についてご紹介します。

1面だけ壁紙を変えるだけでもとってもオシャレになりますよ。

初心者におすすめ!きれいに貼ってはがせる『壁紙専用のり』

Young worker making repair in room, wallpapering on wall

 

自分好みの壁紙にしたいなら、壁紙専用ののりがオススメです。

付箋のように簡単に貼ったり剥がしたりできる為、やり直しもききやすく、初心者向きです。

きれいに貼ってかがせるのりは、凹凸がある壁のほうが貼りやすいといわれています。

接着力も強くないのではがしやすくはじめて壁紙を貼る方におすすめです。

使い方は簡単!

粉末ののりを水で溶かし、のりを壁にローラーなどで直接塗ります。

この時、のりは、たっぷり塗ると乾くまでの時間が延びてやり直しができます。

また、壁紙はフリース素材のタイプがおすすめです。

フリースタイプは、はがしても裏紙が残らないのできれに現状復帰ができます。

壁紙をはがした後、水拭きをしたら原状復帰が可能です。

上級者におすすめ!『貼ってはがせる壁紙』も!

mock up wall in child room interior. Interior scandinavian style. 3d rendering, 3d illustration

 

壁紙を貼るのは得意という上級者の方にはシールタイプの「貼ってはがせる壁紙」もおすすめです。

シールタイプは貼り直しをすると失敗するケースが多いので微調整ができません。

ですから、慣れているもしくは得意という方におすすめです。

「貼ってはがせる壁紙」は、接着力も強くないので現状復帰も簡単です。

微調整できないのは心配という方には、はがせる両面テープがおすすめです。

はがせる両面テープならば、自分の好みの壁紙を貼ることができます。

また、はがせる両面テープの裏面は、接着力が強くないので現状復帰も簡単です。

心配性な方におすすめ!マスキングテープをつかってはる

Colorful washi tapes

 

のりや両面テープなど直接、貼ってはがすときに失敗したらと心配な方には、マスキングテープがおすすめです。

ただし、コツが必要な為、初心者にはあまりオススメできません。

 

マスキングテープは、もともとはがしやすく弱粘着でつくられています。

ですから、はがすのも簡単です。

もともとある壁の上にマスキングテープを貼りその上から両面テープをつかって好みの壁紙を貼れば出来上がりです。

 

しかし、マスキングテープの場合は、弱粘着なので貼るのが難しいので注意しましょう。

特に紙素材の壁紙の場合は、しわが寄りやすいです。

 

また、マスキングテープは、仮止め用としてつくられているので耐久性がありません。

定期的にはがして状態を確認しましょう。

これで現状復帰も安心!

いかがでしたか?

今回は、簡単に現状復帰ができる壁紙の貼り方をご紹介しました。

他にもホッチキスで壁紙を変更する等もありますが、この場合、最後に穴を修復する作業も必要です。

賃貸でも壁紙を変えることはできるので、ぜひチャレンジしてみてください。

あわせて読みたい記事はこちら!