2018.3.15

【オーナーさん向け】アパートのリノベ。メリット・デメリット大公開

【オーナーさん向け】アパートのリノベ。メリット・デメリット大公開

アパートを満室にしたい、家賃をアップしたいなどでアパートのリノベーションを考えるオーナーさんも多いのではないでしょうか?

今回は、そんなオーナーさんに読んでほしいアパートリノベーションのメリットとデメリットをご紹介します。

リノベーションのメリット

マンションのリビングダイニングキッチン 施工 イメージ シンプル家具なし

 

アパートのリノベーションは、2LDKなどで500万円以上かかるともいわれています。

リフォームよりも何倍の費用がかかるリノベーションをするメリットとは何でしょうか?

 

それは、部屋の価値を高くすることです。

 

部屋の価値が上がるとアパートの稼働率があがり家賃収入の安定が見込めます。

また、部屋を人気の高い内装にリノベーションをすると借りたいという人が増えて家賃をあげることも可能となります。

そうすると、リノベーションにかかった費用よりも家賃収入が増える可能性があります。

 

リノベーションすることで部屋の価値があがり人気になれば、収入だけでなく信頼性も高くなるなどの効果も期待できます。

デメリットについて

家 住宅 引越 新築 新生活 ライフスタイル 不動産

 

アパートのリノベーションを検討するときはデメリットも知る必要があります。

それは、リフォームと比べてもリノベーション費用が高いということです。

リノベーションの費用は、部屋の広さや設備のグレードなどによって変わりますが一般的に1平方メートルあたり約5~15万円といわれています

 

費用対効果が悪くなってしまっても意味がないので、最大3年分の賃料で検討してみるのも良いでしょう。

 

賃料で回収できれば良いですが入居率が低い場合のことも考えて検討する必要があるかもしれません。

 

また失敗しない為には、いかにニーズにマッチした部屋作りができるかというところも重要になります。

市場調査や現地調査もしっかり行いましょう。

 

尚、投資を目的としたアパートには、リフォーム減税は対象になりませんが、減価償却費や固定資産税、必要経費などは認められるので多方面から検討するのがおすすめです。

下調べしてから考えましょう!

いかがでしたか?

今回は、オーナーさん向けアパートリノベーションのメリットとデメリットについてご紹介しました。

アパートのリノベーションは、メリットとデメリットを知った上で必要か必要でないかを検討しましょう。

たとえば、家賃のアップを目的でリノベーションする場合は地域の家賃相場を調べてから検討するなど事前の準備が必要です。

 

 

あわせて読みたい記事はこちら!