2018.3.22

【オーナーさん向け】アパートのリノベ。費用の相場は?

【オーナーさん向け】アパートのリノベ。費用の相場は?

オーナーさんがアパートの価値を高めるために行うのがアパートのリノベーションです。

リノベーションは、システムキッチンの取り換えやユニットバスの取り換え、フローリングの張替えなどオーナーさんにとっては決心がいりますよね。

そこで今回は、アパートのリノベーション費用の相場についてご紹介します。

リノベーション費用の相場は?

家 住宅 引越 新築 新生活 ライフスタイル 不動産

 

アパートのリノベーションで一般的にかかる費用は、1㎡あたり約5万~20万前後と言われています。

この金額は、壁紙や床等の交換費用の相場で水回りの交換費用を含めない相場です。

 

水回り設備の取り換えの場合は、ランクにもよりますが、平均で150万円前後かかるようです。

そのため、ワンルームや1LDKの場合は、全てをリフォームした場合、300万円〜500万円くらいが相場でしょう。

 

このように広さや状態などで違いはありますが、目安としては賃料の半年分〜3年分が相場にすると、費用対効果で失敗は少なくなるでしょう。

リノベーションでおさえておきたい3つのポイント

ビジネスウーマン 不動産 白背景

 

一つ目は、満室にしたいか、家賃を高くしたいかなどリノベーションの目的を明確にしましょう。

 

たとえば、家賃をアップすることが目的の場合は、全て取り換えするなど大胆なリノベーションが必要です。

もし、空室率を改善したいならば、見た目をよくするだけのリノベーションで良いかもしれません。

このように目的は、はっきりとさせましょう。

 

二つ目は、構造です。

壁式構造かラーメン構造か調べてからリノベーションを検討しましょう。

壁式構造の場合は、建物を壁で支えているため間取りの変更ができない場合があります。

それに対してラーメン構造は、柱と梁で建物を支えているので壁を撤去することも可能で間取りの変更もしやすいです。

 

このようにアパートの構造によってできることとできないことが出てくるのでリノベーションする前にしっかり調べましょう。

 

三つ目は、工事期間です。

一般的にリノベーションは、全てをリノベーションする場合で2カ月くらい、設備の取り換えなどで1週間くらいといわれています。

リノベーションしているときは、貸し出しができません。

貸し出しができないということは、賃料も入りません。

 

リノベーションは基本、借り主さんが退去してから行いますが、退去が決まってから行う広告では、内覧や室内写真など宣伝活動ができないので注意しましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、アパートのリノベーション費用の相場についてご紹介しました。

リノベーションの目的がはっきりしていると無駄な工事がなくなります。

費用も必要最小限で良いのでおすすめです。

 

 

 

あわせて読みたい記事はこちら!