2018.3.28

給湯器のリフォーム。交換時期や選び方はある?

給湯器のリフォーム。交換時期や選び方はある?

給湯器の取り換え時期をご存じですか?

長年使っていてある日突然、使えなくなって困ったなどの経験はありませんか?

そんな時、取り換え時期などを知っていたら突然のトラブルを防げるかもしれません。

今回は、給湯器の交換時期やえらび方についてご紹介します。

給湯器の寿命はどのくらい?!

タブレットを見ながら料理をする女性 考える

 

給湯器の寿命は、10年〜15年といわれています。

給湯器は、ガス式や電気式、石油式などいろいろなタイプはありますが、燃料の寿命に違いはないようです。

 

たとえば、使用頻度も一般的で部品を取り換えながら使っている場合でも15年くらいが限界といわれています。

なぜならば、給湯器の基盤や部品の劣化や摩耗などが起こるからです。

 

一般家庭より使用頻度が高い家庭は、10年前後で調子が悪くなるか可能性があります。

 

排気口の周囲は排気や排熱が十分できるようにすると寿命が少し伸びるともいわれています。

また、いつもきれいにお掃除をすることで寿命を少し伸ばすことも可能かもしれません。

給湯器のえらび方は?

住宅系・リフォーム 給湯器を点検・説明・営業マン

 

給湯器をえらぶポイントは、3つです。

一つ目は、設置場所です。

屋内か屋外、壁掛けタイプか据置きタイプか確認しましょう。

マンション等では、タイプが限定される場合もありますので注意が必要です。

 

二つ目は、機能です。

シンプルな給湯のみタイプか給湯と自動湯はり、追い焚き機能が付いた便利なタイプか一度に多く使うため給湯器が複数台にわかれているタイプ、暖房機能付給湯器タイプなど様々です。

機能がたくさんあっても使用しなければ意味がありません。

ご家族のライフスタイル等で必要な機能がついたものを選ぶと良いでしょう。

 

三つ目は、号数の違いです。

号数は、1分間に出るお湯の量を示す単位です。

号数が大きければ大きいほど、一度に大量のお湯を使用することができます。

一般的には単身者向けで16号、4人家族向けで20号、多数家族向けで24号といわれています。

家族の人数や使用用途を考えて号数も選びましょう。

 

このほか、メーカーやタイプ、オート・フルオート、ガスや電気の違いなどもえらぶポイントです。

この3つのポイントとこれからのライフスタイルを考えて検討しましょう。

給湯器のリフォーム、タイミングは?

料理する女性

 

給湯器の寿命は、10年〜15年ですが、これは目安です。

リフォームのタイミングは、給湯器が不調のサインを出したらい要注意です。

たとえば、お湯の温度が一定しない、給湯器からおかしな音が聞こえる、お風呂のお湯がぬるい、追い炊きができないなど様々です。

給湯器から煙がでることがあったときは限界かもしれないので業者さんに相談しましょう。

 

早い業者さんではその日のうちに対応してくれる場合もありますが、場合によっては数日かかることもあります。

その場合、お風呂が入れない等支障がでる場合もありますので、おかしいなと思ったらすぐに業者さんに相談してみると良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、給湯器のリフォームのタイミングやえらび方についてご紹介しました。

不調のサインを放っておくと危険はもちろん余分な出費になる場合があります。

そうならないためにも早めの対応を検討しましょう。

 

 

あわせて読みたい記事はこちら!


この記事と同じカテゴリの記事