2018.5.22

高齢者でも安心!高齢者向けキッチンリフォームのポイント

高齢者でも安心!高齢者向けキッチンリフォームのポイント

高齢になってくると大変なのが、毎日の食事の準備です。

毎日何度もある事なので、快適に食事の準備や片付けができると、生活が変わります。

高齢者でも安心なキッチンリフォームのポイントについて考えてみます。

作業がしやすい形にこだわる

LIXIL

出展:LIXILウェルライフ

 

高齢になってくると、若いころは何でもなかった、立って野菜や肉を切ることや、切ったものに火を入れることの何十分かの作業が本当に大変になってきます。

立っているだけでも大変なのに、包丁や火を使うことは、かなりの集中力も必要とするので、足や腰が痛い中集中することが、億劫になってきてしまうのです。

 

そこで最近では、高齢者向けに台所の作業台やシンク部分がオープンになっていることで、椅子に座りながら作業できる形のキッチンをメーカーが展開しています。

座って作業できるだけで、作業も楽になるので、料理を作るのが億劫ではなくなります。

高さはメーカーによって違いますので、ショールームで実際に見て検討すると良いでしょう。

安全で楽なものは進んで導入する

IH調理器

 

高齢者がキッチンを使うのにあたって、一番危険性を伴うのが、火扱いです。

それを解消してくれるIH調理器は、火を使わないため火事の心配も減り、とても普及して来ています。

火力の調節加減が、確かにガスと違うので、最初は少し戸惑うこともあると思われますが、最大にするとお湯はすぐ沸きますし、揚げ物なども安全にからっと仕上げられるというIHならではの凄さもあります。

また上部が一枚ガラス仕上げてフラットなので、お手入れもとても簡単です。

思い切って導入するメリットが多いのです。

 

また意外と使う回数が多いものにキッチンの水道の蛇口があります。

高齢者でも簡単に蛇口が捻れるものや、椅子に座ってでも出来る位置に

蛇口のひねりを準備する等もおすすめです。

最近では、ボタン一つで水が出るものや人感センサーで水を出したり止めたりできるものも増えてきました。

キッチンの動線を楽にするためには是非取り入れると良いでしょう。

 

おわりに

高齢者になって使い慣れたキッチンをリフォームすることは、快適に暮らすためには、必要とも言えるでしょう。

思い切って高齢者に使いやすいキッチンにリフォームすると、食生活が楽しくなります。

是非快適なキッチンにリフォームしてみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい記事はこちら!