2018.9.12

食事を行うだけのダイニングとはおさらば!おしゃれなダイニングスペースのすすめ。

食事を行うだけのダイニングとはおさらば!おしゃれなダイニングスペースのすすめ。

ダイニングスペースと言ったら、どのような光景が浮かぶでしょうか?

食事をしたり家族とくつろいだり、そんな場面が浮かぶ人も少なくないかもしれません。

そんな家族にとって穏やかな時間を演出してくれるダイニングスペースをおしゃれにしたら、より一層素敵な空間になると思いませんか?

今回はダイニングスペースをおしゃれに演出する、様々なテクニックをご紹介致します。

食事をするだけのダイニングスペースはもったいない!

A couple eating breakfast in Japan

 

ダイニングスペースは主に食事を楽しむ空間ですが、それだけではもったいないスペースです。

 

ダイニングスペースは家族が集まる空間ですし、もっとインテリアなどにこだわってみるのもいいと思います。

また、お客さんが来た時にも楽しめるような空間だったら、素敵ではないでしょうか。

 

ダイニングスペースのリフォームは後回しにしてしまいがちな場所ですが、家族との空間を考慮すると、もっとも大切な場所と言っても過言ではありません。

 

ぜひ、おしゃれなダイニングスペースを演出しましょう。

小物やテーブルにこだわりを!ウッドテイストがおすすめ

Kitchen wood table

 

テーブルはウッドテイストなものを選ぶと、あたたかみが増します

疲れて家に帰ってくる旦那さんも、ナチュラルな木のぬくもりにホッとするでしょう。

 

また、ウッドテイストのテーブルには、ベンチ(長椅子)がおすすめです。

こちらもウッドテイストで揃えると良いでしょう。

 

その他、テーブルの真ん中に季節の花を花瓶にさすのも素敵です。

華やかさがプラスされますし、季節ごとにお花を買いに行くのが楽しくなるかもしれません。

 

小物はテーブルに似合うシンプルなランチマットや食器がおすすめ。

 

テーブルや椅子にこだわっており、花も飾ってあるので、シンプルなもののほうが映えるはずです。

 

また、お子さんの勉強用として使用するのもありです。

ダイニングだからこそ子供に目を向けられますし、近くに収納を置いておけば、自然に勉強する環境が作れます。

リフティングテーブルもおすすめ

lifting table

参照元:https://item.rakuten.co.jp/low-ya/f706-g1010-100/?scid=af_pc_etc&sc2id=af_113_0_10001868

 

ダイニングをリビングのように使用する方法もあります。

 

例えば、上下高さを変えられるリフティング(昇降式)テーブルとソファーを組み合わせます。

そうすることで、食事が終わってくつろぎたい時には、リフティングテーブルを低くしコーヒーテーブルのように使用することも可能です。

これだけでも、大きく雰囲気が違いますし、狭いリビング等には無駄が少なくなるためおすすめです。

 

ローテーブル代わりになるタイプの物もありますので、小さなお子さんのお絵かき用や粘土等で遊ぶ用にしても良いかもしれません。

 

ダイニングなのにくつろげる空間に簡単に早変わりできるので、リフティングテーブルはとてもおすすめです。

 

まとめ

ダイニングスペースのすすめはいかがでしたか?

 

ウッドテイストやダイニングをリビングとして使用する等、考え方次第で色々楽しめます。

自分のセンスに従って、ダイニングスペースをいじってみることをおすすめします。

きっと素敵なダイニングスペースに生まれ変わることでしょう。

あわせて読みたい記事はこちら!