2018.11.4

地下スペースの有効活用!地下室をつくろう

地下スペースの有効活用!地下室をつくろう

誰もが一度は憧れたことのある地下室を造ってみませんか?

ただし、地下室を造るのは想像以上に困難です。

地下室があまり見られない要因

家の下に地下室を造ってみたいと思ったことがある人は多いのではないでしょうか。

秘密の部屋のようなイメージで、少しワクワクしますよね。

ちなみに、海外では地下室がある家はあまり珍しくありません。

災害や犯罪に備えて身の安全を守るための部屋や、倉庫として活用するといった目的で使う人が多いようです。

日本では、法律で規定されている建蔽率(敷地面積に対し建物の面積が占める割合)や容積率(敷地面積に対し建物の延べ床面積が占める割合)の問題があったためだそうです。

地下室は、容積率を計算する際にも対象として取り扱われるため、地下室よりも地上の部屋を選ぶ人が多く、その結果、地下室が少なくなっていました。

現在では規制が変更されたことにより、地下室は建蔽率や容積率の計算から除外されるようになりました。

この規制の変更により、地下室を自宅に持つ人も最近では増えてきているようです。

規制が変更されたとしても実は難しい

規制が変更されたなら自分の家にも!と思った人も多いのではないでしょうか。

その際に注意点があります。

それは、既存の住宅の地下を掘り、地下室を新たに作成はできないということです。

家が潰れてしまうのを防ぐためです。

今家がある場所に地下室を造るのであれば、家をすべて撤去したあとに、地下室を含む家を建設しなければなりません。

家がない場所、例えば庭や駐車場であれば、そのまま地下室をつくることが出来ます。

ただし、家から一度出て地下室に入るか、移動用の通路を作成しなければいけませんね、

いずれにせよ膨大な費用が掛かりそうです。

地下室をつくるという夢の実現のためには、家を建てる段階から考慮をしておいたほうが良さそうですね。

家造りやリフォームは計画的に行うことで理想の暮らしを実現しやすくなります。

リフォームを行う際には、専門の業者に相談をしてアドバイスをもらうようにしましょう。

あわせて読みたい記事はこちら!