2018.11.26

コスパ重視でお風呂リフォームを行う際のおすすめ事例

84b0b1df2f9f3a9fe90bd03939cd3ef1_m

お風呂は一日の疲れを癒す空間として、重要な場所と考えている人も多いのではないでしょうか。

 

しかし、お風呂が狭くて伸び伸び入浴できなかったり、タイル張りで寒かったり、お風呂特有の悩みを抱えている家庭も少なくありません。

 

そこでおすすめなのが「お風呂リフォーム」です。

 

高価な印象が強いリフォームですが、ここではコスパ重視でお風呂リフォームを行う際のおすすめの事例をご紹介します。

浴槽リフォームはどのくらい高い?

95e040e00bccb2c9dd6587c0ed5e9afe_m

お風呂リフォームと聞くと100万円ほどの費用が掛かってしまうと思う人も多いのではないでしょうか。

 

それは決して間違いではありませんが、必ずしも高額なリフォーム費用が掛かるわけではありません。あくまでもケースバイケースと言えます。

 

ここでは、浴槽のリフォームを行う場合のおおよその費用と概要についてご紹介します。

1.在来工法のお風呂からユニットバスにリフォームする

 

在来工法は浴室の広さに合わせて、その場で浴槽を作る、昔から採用されているお風呂のことです。

 

在来工法のお風呂は、タイル張りでステンレス製のお風呂を想像すると分かりやすいかもしれません。

 

ユニットバスは昨今採用されているお風呂の代表格ですが、こちらと在来工法のお風呂を交換するリフォームを行います。

 

この場合の費用は、概ね80万円~300万円と言われており、オプションを付けなければ100万円以下のリフォームを行うことも可能なようです。

 

  1. ユニットバスからユニットバスにリフォームする

 

ユニットバスからユニットバスにリフォームする場合、オプション次第で大きく費用に差が出ます。

 

特にオプションを付けないということであれば50万円程度が目安の費用になるでしょう。

 

安くお風呂リフォームするには?

d3eadc1114a76a69fa7d016cf6749645_m

安くお風呂をリフォームするためには、やはり、「余計なオプションを付けない」という方法が最適解と言えます。

 

また、それに加えて、お風呂リフォームを専門的に行っている業者さんから見積もりを取ることで、最適なリフォーム方法を提案してくれるでしょう。

 

その際、複数の業者さんから見積もりを取り、業者さんのやる気や予算内でリフォームできるかなど、重要なポイントを確認することをおすすめします。

まとめ

9df4337f184bd19e020387f30f601758_m

お風呂リフォームは100万円以下で行える事例がいくつもありますが、オプションを多く付けないことが前提となっているものが多い印象です。

 

コスパ重視でお風呂リフォームを行う場合は、「最低限の設備で、最高の環境を作る」ことに専念すると良いでしょう。

あわせて読みたい記事はこちら!