2018.11.26

補助金を使ったお得なリフォームプラン

178f932924bab0a41c13b460d0056b1f_m

昨今、リフォームを検討している家庭が増加傾向にありますが、リフォームの内容によっては、お得にリフォームすることができる可能性があることをご存知ですか?

 

お得なリフォームをする方法とは、補助金を使ったリフォームプランのことです。

 

ここでは、補助金を使ったお得なリフォームプランについてご紹介します。

補助金の対象になるリフォームプランとは?

235f126ea2ac9e41aa25c69686f60e05_m

補助金の対象となるリフォームプランはいくつかありますが、ここではその一例をご紹介します。

 

1.バリアフリー

 

階段や廊下、床の段差をなくすなどの一定の要件を満たすバリアフリー改修を行うことで、補助金の対象となります。

 

ただし、この場合、自分か同居する親族が要介護、または要支援の認定を受けている50歳以上などの要件を満たす必要があります。

 

2.同居対応

 

水まわり設備または玄関の増設することで、減税の対象になります。具体的には、自身所有の家を三世代同居のため、一定の改修を行うことで所得税が減税されるというものです。

 

ここで指す一定の改修とは、トイレやキッチン、浴室、玄関などを増設することです。また、子供の有無や家族構成は問われません。

 

注目のリフォームプランは?

88219e31e1c24211148d0a36e8b57198_m

昨今、補助金を使ってお得にできることで注目されているリフォームプランが、「省エネ」に関するリフォームです。

 

どの家庭でも取り入れやすく、要件を満たしやすいため、省エネリフォームを検討している人も少なくありません。

 

補助金対象となる要件は以下の通りです。

 

合計所得3000万円以下などの要件を満たす人で、自分が所有かつ、住んでいる家の床や壁、窓、天井の断熱を行っている人が対象になります。

 

これらの一定の要件を満たすことで、所得税や固定資産税が減税されます。

 

また、省エネリフォームと併せて、「耐久性向上リフォーム」を行う人も少なくありません。

 

耐久性向上に関する改修を行う場合でも、一定の要件を満たすと補助金の対象となります。

 

まとめ

42b1fa7e31c69818fc32692d466dd279_m

 

いかがでしたか?

 

ご紹介したように、補助金を使ったお得なリフォームプランはいくつかありますので、興味を持った人は、リフォーム専門業者に相談してみると良いでしょう。

あわせて読みたい記事はこちら!