2018.12.20

家の間取りに合ったキッチンリフォームの選び方

68f1717cac92c07a5c04129e7eec4397_m

家をリフォームするにあたって、キッチンをリフォームして、使い勝手を良くしたいということはとても多いです。

家の間取りに合ったキッチンの選び方について考えてみましょう。

 

 

 

 

 

色々な間取りに対応しやすいI型キッチン

2955e00815070857e70f35801e6a2c72_m

まっすぐにシンク、作業場、ガス代やIHクッキングヒーターが並ぶ、昔からあるタイプのI型キッチンは、奥の壁に配置する事や、横の位置に配置する事も可能なため、どんな間取りにも対応できるキッチンです。

ただ、壁に向かって作業することになるので、人気のカウンターキッチンタイプではなくなるので、後ろにバックカウンターを置くなどすると、家族と会話しながら料理ができるので、合わせて検討してみてはいかがでしょうか。

 

リビングが縦長な場合はL字型キッチンがおすすめ

10b5a5a0385486f845f024bdad526eb3_m

リビングが縦に長く、横幅がない場合は、シンクと作業台を一面に持ってきて、90度曲がった位置にガス代やIHクッキングヒーターがあるL字型のキッチンだと、シンク前にカウンターも設置することができ、部屋の幅が狭くても通路を確保することができます。

 

L字型のとがった部分は作業スペースに奥行きがあるので、スパイスの棚や食洗機が外付けでも置くことができるので、有効に活用すると重宝するスペースとなります。

 

 

ダイニングと一体化したいなら流行りのアイランド型キッチンがおすすめ

ef29f9f62f61bf456d8d348f4e6c6b64_m

パーティーなどを良く行う方や、家族みんなでワイワイ料理を楽しみたい方には、ここ数年人気のアイランド型キッチンがおすすめです。

名前の通り島のような形のキッチンは、部屋のどこにでも配置できるので、ある程度の広さがあれば意外と設置しやすいのも特徴です。

ただ4方向から、キッチンが丸見えになってしまうという点があるので、火の元の前にはついたてをたてる、キッチンの全面で食事ができるようなお洒落で省スペースのものをセレクトするなど、キッチンが部屋に馴染むような工夫をするのがおすすめです。

 

 

間取りに合うキッチンを見に行ってみよう

b735a7ad3f976e1ec082da1286edf3ac_m

今のキッチンは、形も素材も様々に開発されているので、間取りに合うものがきちんと見つかります。

キッチンのショールームに自分のうちの間取りに合うものを探しに行ってみてはいかがでしょうか。

 

あわせて読みたい記事はこちら!