2019.3.13

空き部屋をウォークインクローゼットにリフォームしよう

空き部屋をウォークインクローゼットにリフォームしよう

お家の中に、物置部屋になっている部屋や、年に数回しか使わないゲストルームになっている部屋はありませんか?

もしそんな部屋があるという方は、そのお部屋を素敵なウォークインクローゼットにリフォームしてみてはいかがでしょうか。

使い勝手のいいウォークインクローゼットにする

fb1809638db1418a7d675dc69aff2902_m

ウォークインクローゼットが流行りはじめた頃は、普通の物入れだったものを少し広くし、洋服をかけられる棒をとりつけ、その上に棚を設置したシンプルなものが主流でした。

そんなウォークインクローゼットが出始めてから数十年たった今では、好みに合わせたいろいろなクローゼットがオーダーできるようになっています。

例えばハンガーにかけた洋服が多い人のために、上と下の二段に洋服をかけられるもの、洋服をかけられるバーの下に畳んで洋服をしまうことのできるチェストつきのもの、あるいはバー以外の壁面の収納まできちんと設置されていて、空間を無駄にしないように工夫されているものなどがあります。

ハンガーで収納したい場合はハンガーバー中心で、畳んで収納したほうが便利という方はハンガーバーの他にチェストを豊富に、というように個人に合わせたオーダーメイド形式で作り上げることができます。

空き部屋を使い勝手の良いウォークインクローゼットにリフォームすることができるのは、大変魅力的なのではないでしょうか。

ウォークインクローゼットを理想の空間にする

130f9d3b674f743be58db5d2d3be0637_m

ウォークインクローゼットをただの収納のための場所としてとらえるのではなく、身支度を心地よく完成するための理想の空間としてリフォームすることもできます。

例えば帽子好きやカバン好きの方は、衣服を快適に収納するほかに、お気に入りのファッションアイテムを見せながら収納する棚も設置することで、コレクションを飾ることが出来ます。

また、ウォークインクローゼットで全身をトータルコーディネートできるようにし、さらにミラーを設置することで、一部屋でファッションのすべてが完結するという方式を目指すこともできます。

ファッション好きにとっては至福の時間を過ごせる場所となりますね。

さらに、好きな壁紙を張ることや、素敵な照明をつけてみるのもおすすめです。

大好きな服などが並んでいる空間が、自分の理想を体現した、とっておきの私的空間になります。

まとめ

ウォークインクローゼットは、ただの収納部屋としての活用も出来ますが、自分の収納の好みや趣味に合わせて、自分好みにオーダーできるものに変化していることがわかりました。

ぜひ自分のこだわりの詰まったウォークインクローゼットを考えてみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい記事はこちら!