2019.4.4

一人暮らしでもできる賃貸マンションのプチリフォーム特集

一人暮らしでもできる賃貸マンションのプチリフォーム特集

今の賃貸マンションに満足していない…。
一人暮らしになんだか飽きてきた…。
そんな方も多くいらっしゃいますよね。
今回は、一人暮らしでもできる、賃貸マンションのプチリフォームについてまとめてみます。

ロフトタイプのベッドを取り入れる

0e2b4486ba1b6fe050b7bea081878e08_m

一人暮らしのお部屋だと、ワンルームプラスキッチン、バストイレという部屋がほとんどだと思います。

すると、ワンルームに変化を持たせることができて、壁にも傷をつけることのないリフォームを探すことになります。

そこで、ロフト付きタイプのベッドを置いて見るのはいかがでしょうか。

ロフトベッドはロフト部分に寝る場所を確保できますし、ロフトの下の部分は書斎や、好きな物のコレクション部屋など、少し隠れ家風の落ち着くスペースとして使うことができます。

ロフトベッドは高さが高くなるだけで、大きさは普通のベッドを置くのと変わらないため、寝心地は大きく変化しないでしょう。

ワンルームのロフトベッド以外のスペースは、ダイニング兼リビングになるので、小さめのテーブルやソファをおいてくつろぐことも出来るので、ご飯をたべたり、テレビを見たりするスペースも確保できます。

マスキングテープと両面テープを駆使して壁をリフォームする

944c67c6e0d50479af08df235ac22c53_m

賃貸マンションで理想の部屋にするのに一番の障害は、壁に穴や傷をつけられないという点でしょう。

その問題は、マスキングテープの上に両面テープを貼ってその上に好きなものを設置するという方法で大体解決できること、ご存知でしょうか。

棚などを壁に設置する際、マスキングテープ、両面テープの上に一枚板を張ります。

その板に棚を打ち付けるという方法を取れば壁を傷つける事なく棚を設置できます。

両面テープは強力なものにしておきましょう。

ポスターや壁紙を張るということも、マスキングテープの剥がしたときにあとが残らないというメリットを使えば可能です。

とにかく自在にプチリフォームができる、応用が効く方法です。

気軽に試してみてください。

まとめ

壁や間取りに大きな変化を加えることは難しいですが、ロフトベッドなどの家具を配置したり、壁が傷つかないように家具を配置することで暮らしに変化を与えることが出来ます。

100円均一ショップなど、手軽なところで手に入れることができるリフォームグッズも多くあります。

自分の理想の部屋を楽しんでイメージして、早速行ってみてください。

あわせて読みたい記事はこちら!