2019.4.12

ベランダをリフォームして、より快適なベランダへ

ベランダをリフォームして、より快適なベランダへ

ベランダがあるのに、洗濯物を干したり、物置にしたりという方法でしか使ってない方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

そのベランダ、リフォームして快適な場所にしませんか?

今回は、ベランダリフォームの種類、活用法や、注意点、費用などを説明していきます。

ベランダを拡張する

0a540401a7b2a460e830c8173e1fb2a7_m

今のベランダが狭いという方、リフォームでベランダを広くすることができます。

拡張できる範囲には限界がありますが、約1.5平方メートルで30〜40万円で拡張できるようです。

もっと広くしたい場合は、3平方メートル、4平方メートルなど、好みの広さにすることができますが、それ相応の費用がかかります。

最近はカラーバリエーションもたくさんあるので、イメージに合わせて拡張することができます。

ウッドデッキ調にもできるようです。

拡張だけでなく、全部張り替えてみてもいいですね。

ベランダに目隠しは日よけをつける

4d5ffd905813183212ae7fbb4bec6e1f_m

いざベランダを広くし、くつろげるようにしたり、ガーデニングできるようにしたとしても、外から丸見えで気になってしまう、そんな時はベランダにフェンスやラティスを新設してはどうでしょうか。

ラティスとは、ベランダや庭を囲う木製の柵のことです。

たくさんの種類があるので、自分のイメージに合わせて選び設置することができます。

また、日よけ(サンシェード)も目隠しになります。

ベランダの上部からフェンスなどの手すりにかけて取り付けるものです。

UVカット加工がしてあるものも多いので、紫外線が気になる方も快適に過ごすことができます。

しかし、マンションの高層部に住んでいらっしゃる方は注意が必要です。

万が一風で飛んでしまった場合、人に被害が及びかねないからです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

せっかくベランダがあるのにうまく活用できないのはもったいないのでリフォームで快適な場所に生まれ変わらせませんか。

ただし、マンションに住んでいる方は注意しましょう。

ベランダはマンションの共用部分にあたるので、リフォーム内容を管理組合に届け出る必要があります。

内容によっては許可が下りないこともあります。

事前に確認をしておきましょう。

あわせて読みたい記事はこちら!