2019.4.22

採光リフォームでお部屋をぐっと明るくしよう

採光リフォームでお部屋をぐっと明るくしよう

日々の生活にあたり、部屋の明るさ、つまり採光の良し悪しは部屋の雰囲気や気分に大きな影響を与えます。

部屋が暗くて…とお困りの方、採光リフォームで部屋を明るくしませんか?

窓をリフォームする

e0162182818571ef24251322d031d044_m

採光を改善するには、当然ですが、まずは窓をリフォームすると効果があります。

自然光を多く取り入れることができるようになります。

太陽光を多く取り入れるためには、窓は壁の高い位置まで広がっていることが望ましいです。

壁の低い位置までになってしまっている窓は、高い位置までの窓へと大きくするリフォームがおすすめです。

また都会で住宅が密集している場所など、建物が至近距離であるゆえに窓が作りにくい家でも、外から中の様子はわからない、光を取り入れるための縦長、あるいは横長の窓を作ることがおすすめです。

小さい窓では変わらないと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、あるのとないのでは驚くほど違います。

一度リフォーム会社に相談し、シミュレーションをしてもらってはいかがでしょうか。

中から見ても、外から見ても縦長や横長の窓はお洒落なのでお家がスタイリッシュになるというメリットもあります。

ドアなどの建具から光を取り入れる

ed39621387cb54d3d7d47ca07ef84a28_m

自然光を取り入れることが出来るのは、窓だけではありません。

玄関のドアは外に面しているので、玄関のドアに窓のようなガラスの部分があると、玄関やその先の廊下や部屋は実はとても明るくなります。

部屋と部屋の間のドアも、上部をガラス張りの物にすると部屋から部屋に明るさが届き、色々な部屋が明るくなります。

同様に襖も光を通す素材のものにかえると部屋を明るくすることができます。

ドアや襖を変える場合は、窓と違って、壁をリフォームする必要がないので、新しい建具のお金と取り換えるお金だけで済みます。

その結果、費用も比較的安く、手軽にリフォームすることができます。

まとめ

太陽光は明るさと温かさ、そしてやる気を出すホルモンなどにも影響するので、実はとても大切なものです。

部屋が暗いと日々不満に思っている方は、採光リフォームを考えてみてはいかがでしょうか?

あわせて読みたい記事はこちら!