2019.5.16

日々の掃除がラクになるリフォーム方法

日々の掃除がラクになるリフォーム方法

日ごろから掃除をしていると、効率よく掃除ができる日とできない日があるはずです。

共働き世帯が増加していく中、ただでさえ仕事のストレスが溜まるのに掃除まで効率よくできなかった日はかなりストレスが溜まってしまうでしょう。

専業主婦の(夫)方でも少しでも家事がラクになることで自分に余裕が出来てストレスが軽減されますよね。

ここでは、日々の掃除がラクになるリフォーム方法を紹介します。

 

動きやすい家事動線を意識する

1c7fd497d01e4ef33f62d061d5ee3697_m

人が移動する際の動きを、線で表したものを動線といいます。

動線には2種類があり、生活動線と家事動線に分けられます。

生活動線は起床、食事、入浴、外出といった日々の生活の流れや動きを表した線で、家事動線とは、調理、片づけ、洗濯、掃除といった家事をおこなうときの人の動きを追ったものをいいます。

この家事動線を、できるだけシンプルな1本の道にすることで家事がラクになります。

効率よく動くためには、できるだけ曲がり角を少なくすることをおすすめします。

収納を増やす

d5f70d0f4f23ead5605680b731f900d7_m

収納スペースが増えれば掃除はラクになります。

余計なものが置かれていると掃除の効率が落ちるので、リフォームで収納スペースを増やして掃除の効率化を目指しましょう。

壁の厚みやデッドスペースを上手に活用して収納スペースを確保するほか、大物の保管には屋根裏収納、物が多く乱雑になりがちなキッチンは床下収納を増設すると便利ですね。

特にキッチンの収納を増やすと、掃除がラクになるだけでなく家事動線がスムーズに確保できるのでおすすめです。

便利な設備を導入する

6c42d2e29fead3e33ccae7bf6754c33e_m

掃除をラクにするリフォームでもっとも手っ取り早く効果的なのが、家事を楽にしてくれる設備の導入です。

ドアの間の溝を浅くすることでホコリが溜まりにくくする、キッチンの換気扇は取り外しがカンタンなものに交換するなど、最新設備を導入するだけで掃除が格段にラクになります。

食器洗い乾燥機を導入することで、家事のひとつが省力化できれば掃除の時間確保にも役立ちます。

最新の設備を導入すれば、節水・節電がにもつながるので一石二鳥ですね。

ただし、最新設備を導入するとリフォームのコストが倍増してしまいます。

何が必要か、どうすれば効率化できるのかをしっかりと検討し、特に重点を置きたい部分だけは最新の設備を導入するといった工夫が必要でしょう。

あわせて読みたい記事はこちら!