2019.5.9

愛猫も嬉しい、猫と暮らすためのリフォーム特集

愛猫も嬉しい、猫と暮らすためのリフォーム特集

猫が好きな方は、リフォームを機会に「愛猫と暮らすため」の魅力的なリフォームを検討してみましょう。

猫にとって、人にとって快適なリフォームを実現すれば、愛猫との楽しい生活が実現します。

壁・床はペット対応のものを導入する

4dde01ad03ce8a529b6a29206e32454b_m

リフォームの機会に壁紙クロスや床材を交換する方は多いはず。

特に猫はツメが鋭く、また特有のペット臭がでやすい動物なので、リフォームの機会に快適なものへと交換しましょう。

壁紙クロスはニオイを吸収・分解する作用をもつペット臭対応のものを採用することで室内空間が快適になります。

床材もクッション性があると同時に消臭効果があるものに交換すれば、ツメの痕やおしっこの失敗なども気にすることなく快適に過ごせます。

愛猫との楽しい生活を満喫できるリフォーム例

26f9dd7dcf20979ca414d3a28aee9fde_m

猫のツメ痕やニオイに対するケアは、いわば「人のため」のリフォームです。

神経質にならずに済むという点では猫のためでもありますが、猫にとって快適なわけではありません。

そこで、きっと猫も喜ぶであろうリフォームも考えてみましょう。

 

まずは猫専用の出入り口であるペットドアの増設です。

外への出入りが自由な猫には玄関ドアに、室内の行動が多い猫のためならリビングのドアなどに、猫専用のペットドアを設けてあげれば、猫も行動範囲が広くなるのできっと喜ぶはず。

猫好きな方なら、自室でのんびり過ごしていると不意に猫が横に来ていたなんて幸せなシーンも実現できますね。

 

猫が楽しむためならキャットウォークやキャットタワーの増設もおすすめです。

高い場所を好む猫は、自然と家具類の天面に座っていたりするもの。

既存の梁を利用したり、室内に梁を増設したりといった工夫で猫が歩いて遊ぶキャットウォークを増設すれば、猫の運動不足の解消にもなります。

狭い範囲に柱があってデッドスペース化している部分があれば、ステップを作ってキャットタワーにするのも良いでしょう。

 

猫が楽しむことを一番に考えてあげたいところですが、猫の安全を考えるなら脱走防止も必要です。

玄関ドアの前に壁収納式のペットフェンスを増設すれば、不意の脱走も防止できます。

しつけ次第では「フェンスがあるときは向こう側に行ってはいけない」と認識させることもできるのでぜひ採用したいですね。

あわせて読みたい記事はこちら!