2019.6.27

劇的変化!天井リフォームでここまで変わる

劇的変化!天井リフォームでここまで変わる

日本の住宅は天井が低いといわれています。
居住空間の圧迫感を解消したいと考えている方には、天井のリフォームがおすすめです。
リフォームではあまり注目されない印象がある天井ですが、実は天井リフォームの効果は絶大です。
ここでは、天井リフォームの方法や効果を紹介します。

天井リフォーム、4つの方法

225fc2ec13a3b79356b82ffd1d68712a_m

天井リフォームの方法は主に次の4つに分けられます。

・天井クロスの張り替え

・塗装の塗り替え

・板張りへの変更

・天井を高くする

もっとも手軽に、しかも安くリフォームできるのはクロスの張り替えです。

工期が短く、クロスの色や模様も豊富です。

塗装は雰囲気だけでなく質感を変えたいときにおすすめ。

修繕を兼ねたリフォームでは塗装が有効です。

旧来の日本住宅風に板張りの天井にリフォームすることもできます。

天然材だけでなく、プリント合板を採用すれば費用は安く抑えられます。

もっとも手間がかかるのが天井を高くするリフォームです。

大がかりな工事が必要になりますが、開放感が強くリフォーム後には大きなイメージチェンジを実感できるでしょう。

天井リフォームは空間全体のイメージチェンジにつながる

dd2440611dcccaaa88505e287c0799f5_m

天井リフォームは、単に天井の劣化の修繕ができるだけではありません。

天井の色、柄、質感、高さを変えることによって、居住空間の全体的なイメージががらりと変わります。

たとえば、汚れていたクロスを新しい白色のものに張り替えれば、一気に部屋全体が明るくなるだけでなく、部屋が広くなった印象を受けます。

塗装も同じ効果が得られますが、さらに塗装では質感を変更することで和風にも洋風にも変化します。

板張りにリフォームすれば、天井に立体感が生まれるだけでなく素材が持つ個性的な表情が楽しめます。

天井を高くすると、居住空間が縦方向に物理的に広くなるため、開放感が増します。

天井高の工事を施工すると、以前は天井の中に隠れていた梁や配管類などが姿を現すため、梁を雰囲気よくアピールすることで室内の印象がかわります。

梁の部分だけ天井や内壁とは別系統の色にする、クロスなどで素材感を変えてみるといったアイデアが印象を大きく変えます。

 

天井リフォームは手軽な工法から比較的に大がかりな工事までさまざまです。

どのような印象に仕上げていきたいのかによってリフォーム方法も変わるので、事例集などを見ながらしっかりとイメージしておきましょう。

あわせて読みたい記事はこちら!


この記事と同じカテゴリの記事