2019.7.9

夏のボーナスを使ってリフォームをしてみよう

夏のボーナスを使ってリフォームをしてみよう

マイホームのリフォームを計画している方にとっては、ボーナス支給月の周辺はリフォームの絶好のチャンスです。

日経新聞社による賃金動向調査によると、2019年夏のボーナスの平均支給額は約85万円だったので、ここではボーナス分だけで楽しめる低価格のリフォームプランを紹介しましょう。

ユニットバスの交換や外壁塗装がおすすめ

0bd3e1a5a9da41a2699c624edf8cdf82_m

夏のボーナスを贅沢に使うことができるのであれば、ぜひおすすめしたいのがユニットバスの交換です。

ユニットバスは床・内壁・浴槽・水栓などがすべて一体化されているので、新品に交換するとバスルームがまるごと新品になります。

ユニットバス本体の価格はベーシックなもので40万円前後、高級感があるものでは80~100万円程度で、交換工事に40~50万円がかかります。

リフォーム費用は80~150万円と幅広くなりますがベーシックなものであれば夏のボーナスでも十分にリフォーム可能でしょう。

80万円前後のリフォーム術といえばもうひとつおすすめなのが外壁塗装です。

外壁・屋根の塗り替えは、イメージチェンジができるだけでなく、住宅を長持ちさせる効果が期待できます。

建坪30~40坪の住宅でまるごと塗り替えた場合の相場は80~120万円程度ですから、夏のボーナスだけでも可能な範囲でしょう。

夏のボーナスでお手軽なリフォームも楽しめる

b63dd54c583be6f97cb2c9e13e0e8eae_m

夏のボーナスをすべて使ってしまうようなリフォームではなくても、ほんの一部を使ってお手軽なリフォームをするのも良いでしょう。

まずおすすめなのが床・壁紙クロスの張り替えです。

傷んでしまった床板や畳、黄ばんでしまった壁紙クロスを張り替えることで、室内は驚くほどに明るくなります。

床や壁紙クロスの張り替えは、1部屋あたり10万円前後で可能です。

メンテナンスよりも目立ったリフォームがご希望の方は、ウッドデッキの増設はいかがでしょうか?

1階リビングから広く続くウッドデッキに憧れを抱いている方は多いでしょう。

ウッドデッキの相場は1㎡あたり3~4万円、平均的な広さのものでは40~50万円になるので、夏のボーナスだけでも十分にリフォーム可能です。

 

夏のボーナスの全額をリフォームにつぎ込むのは家計を考えるとなかなかできないものですが、10~30万円程度で可能なメンテナンスもたくさんあるので、ぜひこの機会を利用してリフォームにチャレンジしてみましょう。

あわせて読みたい記事はこちら!