2019.7.19

風通りの良い家にリフォームしよう

風通りの良い家にリフォームしよう

住宅のなかに心地よい風が吹き通ると、それだけで涼しさと清々しさを感じるものです。

気持ちの良さだけでなく、実際の体感温度も下がるので、夏の暑さを和らげる効果もあります。

風通りの良い住宅にするためのリフォーム術を紹介しましょう。

風通りを良くするための窓リフォーム

b2ae3b01d6ee8ab0b59df88a23ce41ed_m

住宅室内の風通りを良くするためには、まず窓の増設が考えられます。

開口部がない壁面には新たに窓を増設するのが定石ですが、ここ数十年の住宅は風通りもしっかりと設計されているので「これ以上は窓を増やせない」という状況も多いはずでしょう。

そこで考えられるのが「採風小窓」の増設です。

窓の上部に小窓を新設することで、防犯上の心配をせずに常時開放して風を取り込むことができます。

また、窓が増やせないのであれば「窓を移動する」のも有効です。

新築時の設計段階では予想できず、窓が十分に風を取り込めない構造だった場合は、窓そのものを移動することになります。

また、風通しが良い面の窓が小さい場合は、窓を大きくするのも良いでしょう。

窓そのものを増やす、移動する、大きくする場合、内外の壁やサッシ、窓ガラスの新調なども含めてリフォーム費用は高額になりがちです。

費用を抑えて窓まわりをリフォームするなら、可変ルーバーのブラインドを増設する、編糸が細く目が細かい網戸に交換するといった方法も有効でしょう。

玄関リフォームでも風通りが確保できる

728d37ff62c4186b5eea9cbd1b873cfd_m

窓と同じように大きな開口部となるのが「玄関」です。

玄関は住宅の顔となる部分ですから、風通りが良い方角に設置されていることが多く、開放すると実に気持ちの良い爽やかな風を取り込めます。

ただし、玄関を常に開放しておくのは防犯面からみるとよろしくはありません。

そこで、玄関ドアを採風ルーバー付きのものに交換するリフォームがおすすめです。

採風ルーバー付きの玄関ドアに交換すれば、施錠をしたままでも玄関から気持ちの良い風が吹き込みます。

防犯面の対策も十分なので、窓のリフォームと併せて施工すれば、室内にたくさんの風を取り込めるでしょう。

風通りの良い家にするには、すでに開口している窓や玄関のリフォームがもっとも手軽で効果的です。

ぜひおすすめのリフォームで風通りの良い住まいを実現しましょう。

あわせて読みたい記事はこちら!