2019.8.10

団地リノベーションで憧れのマイホームをお手軽に!

団地リノベーションで憧れのマイホームをお手軽に!

リノベーションがブームとなっている現代では、いかに物件の取得費を抑えるかが大きなポイントになります。

そこで注目されているのが、高額なマンション物件ではなく、築年数が古い「団地」物件のリノベーションです。

団地リノベーションで憧れのマイホームをお得に実現しましょう。

団地リノベーションのメリット

団地リノベーションのターゲットは、見た目に美しいマンション物件ではなく、築40年前後で格安販売されている団地物件です。

中古マンションの販売相場が2000万円前後といわれている市場でも、いわゆる団地物件は1000万円程度が相場で、なかには1000万円を下回る格安物件も存在しています。

物件を格安で入手し、その分だけリノベーションに力をいれることができれば、団地物件は憧れのマイホームへと変身します。

団地リノベーションでは、格安の団地物件の設備や内装のすべてを撤去し、丸裸の状態まで戻して一から物件を作り上げるのです。

団地物件のほとんどは鉄筋コンクリートのマンション構造なので、団地リノベーションでは床・天井・壁・コンクリートの梁しかない状態にまで徹底的に撤去しますが、この工法を「スケルトンリフォーム」ともいいます。

ただし、団地物件のように古いマンション構造の物件は、柱や梁だけでなく「壁」の存在によって強度を保つ「壁式構造」でできていますが、この場合、壁を撤去できないというデメリットがあります。

壁式構造の場合は大幅な間取り変更が叶わなくなるので、施工業者とよく相談してからリノベーションに踏み込む必要があるでしょう。

団地リノベーションの費用相場は?

団地リノベーションの費用相場は、フルリノベーションの場合、3DKで600~1000万円程度、4DKでは700~1100万円程度になります。

どの程度まで徹底的なリノベーションをおこなうかによって費用は上下しますが、費用の上下はどんな業者に依頼するのかによって大きく変化します。

大手のリフォーム業者に依頼すると、会社の取り分や下請け業者への依頼による中間マージンがかかるので工事費用が高くなりますが、地元の中小業者なら直接施工でリノベーション費用が大幅に抑えられます。

団地リノベーションをお得に成功させたいのなら、大手を避けて中小の施工業者に相談するのがベストでしょう。

あわせて読みたい記事はこちら!