2019.8.12

飲食店のリフォームで売上アップを狙おう

飲食店のリフォームで売上アップを狙おう

現在、売上アップでお悩みのオーナーの方におすすめしたいのがリフォームです。

もしかすると、リフォームした飲食店のことを「儲かっているからリフォームした」と考えているのであれば、それは間違いです。

リフォームは「より儲かるため」にするのです。

飲食店のリフォームで売上アップを狙いましょう。

飲食店リフォームは顧客目線とスタッフ目線の両面から

飲食店のリフォームでは、顧客目線とスタッフ目線の両面から考えていく必要があります。

売上をアップさせるにはより多くのお客さまにたくさんのお金を使ってもらうことを目標にリフォームします。

店内レイアウトをお客さまが快適に過ごせる空間になるように工夫し、たとえば「お一人様専用席」や「カップルシート」を増設したり、個室を新設したりといった空間演出は、動員・売上アップに直結すると考えて良いでしょう。

また、居心地の良さを徹底するには、ライティングを意識する必要もあります。

明るく開放的な雰囲気にするのか、間接照明や暖色系のランプなどで落ち着きを演出するのかなどを店舗のイメージにあわせて選択することになります。

また、最高のサービスを提供するにはスタッフ目線でのリフォームも大切です。

店内の動線を改善することは、スタッフの動きやすさにつながります。

作業効率が向上し、お客さまの誘導や飲食物の提供がスピーディーになれば、回転率が高まり売上アップが期待できるようになります。

客単価をアップさせるリフォーム術

創作料理や懐石料理など、じっくりと料理を堪能してもらうタイプの飲食店では、あえて客席数を削減し、客単価をアップさせることで売上アップに成功させているケースもあります。

お客さま一人あたりの単価を高く設定すれば、ひとりひとりのお客さまが専有できるスペースを広く確保できます。

そのうえで、ライティングや椅子などにもこだわれば、店内は居心地の良い上質な空間になり、売上アップへとつながるのです。

 

飲食店リフォームは、店舗の面積やどの程度のリフォームにするのかによって費用が大きく異なるため、相場は一定ではありません。

店舗のスケールや客単価などによって、どのくらいのリフォームを手がけるのが効果的なのかが異なるので、リフォーム業者と綿密な打ち合わせが必要になるでしょう。

あわせて読みたい記事はこちら!