2019.11.23

太陽光発電を設置してエコリフォームを実現しよう

太陽光発電を設置してエコリフォームを実現しよう

最近のリフォームでは「エコ」が大きなテーマになっています。

断熱への注目度も高まっていますが、やはりエコリフォームの柱となるのは消費するエネルギーを自家製生する太陽光発電です。

太陽光発電システムを設置してエコリフォームを実現しましょう。

太陽光発電のメリット

太陽光発電は、屋根に太陽光を受けるパネルを設置して発電するシステムです。

自家消費する電力を発電するだけでなく、消費電力を上回ったタイミングでは余剰電力を電力会社に売電できるため、導入コストを回収できるというメリットもあります。

最近では、余剰電力を売電にまわすだけでなく、蓄電池にためて自家消費する家庭も増えており、エネルギー消費を抑えながら自家消費するエネルギーの自家製生を目指す「ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)」への助成事業が進められています。

固定買取制度の開始から10年を迎える家庭が出はじめるなど、太陽光発電に対して下火イメージを抱いている方も少なくありませんが、国・行政がZEHに対して積極的な姿勢を持っているいまこそ、太陽光発電をお得に設置できるチャンスだといえるでしょう。

太陽光発電のリフォーム費用

太陽光発電システムの設置・導入にかかるコストは、設置する太陽光パネルの量や電力を変換するパワコンの容量によってかわります。

設置費用は発電量1キロワットあたり25~35万円程度で、一般家庭を想定するとおおむね120~170万円程度のコストになります。

これを月々の売電利益によって回収するとなるとかなりの年数がかかるイメージがあるでしょう。

売電価格がどんどん下がっているというニュースも報じられていますが、太陽光発電の導入コストは年々安くなっているうえに、一般的には固定買取制度が持続する期間内に回収できる仕組みになっているので、大きな負担を感じる必要はありません。

しかも、自治体によっては太陽光発電システムの導入にかかる費用の助成金制度を用意しているので、設置コストの負担が大幅に軽減できるケースも少なくないのです。

断熱などの省エネリフォームとあわせて太陽光発電を導入し、快適でお得なエコリフォームを実現しましょう。

あわせて読みたい記事はこちら!