2020.1.17

千葉県でおすすめのリフォーム事例集

千葉県でおすすめのリフォーム事例集

千葉県にお住まいの方が実際におこなったリフォームのなかからおすすめの事例を紹介します。

広びろLDKと吹き抜けで開放感の高い住宅に

一戸建て住宅を購入しても、子どもたちがひとり立ちしてしまい子ども部屋が不要になると、多くの方がまったく使用しないデッドスペースになるか、または物置きなどに活用する程度でしょう。不要になった子ども部屋を完全撤去して1階部分から気持ちの良い吹き抜けにすれば、高窓からの暖かな日差しが得られる開放的な空間になるでしょう。

ライフスタイルが変化すると、LDK+和室のオーソドックスな間取りは不要になることが多いので、思い切って和室を撤去し、LDKを広げるのもおすすめです。広びろとしたLDKは夫婦がふたりでくつろぐ最高の空間になるでしょう。

LDKを広くして和室を撤去することで「ちょっと寝転がりたい」「こたつでゆっくりしたい」という日本人ならではのくつろぎが得られなくなることが心配になるなら、小上がりの増設もおすすめです。小上がりの増設は据え付けのものでなくてもあとでブロック式のものを設置できるのでリフォーム時に決断できない場合はスペースを空けておくのも良いでしょう。

マンションでも和風を演出

マンション物件は洋式の間取りになるのがオーソドックスなつくりですが、やはり和風の雰囲気を取り入れた住まいに憧れるものです。古くなってしまったマンションや中古マンションを購入してフルリノベーションするなら、思い切って全体を和風テイストに変身させてしまいましょう。

床材や据え付け家具には暖かみのある木目調の素材を採用し、和風の木造住宅を演出します。室内の壁紙をすべて撤去して漆喰塗りにすれば、自然素材がもつ独特の風合いで室内を柔らかな印象に仕立ててくれるでしょう。

マンション物件は構造によって大幅な間取り変更が難しいケースも少なくないため、マンションリフォームであれば間取り変更を伴わないイメージチェンジが有効です。とくに、集合住宅の占める割合が大きい千葉県内では、マンションリフォームを検討する方も多いので、こだわりのイメージへと仕上げるリフォームをおすすめします。

あわせて読みたい記事はこちら!