2020.5.3

静岡県のリフォーム会社の特徴について

静岡県のリフォーム会社の特徴について

静岡県にお住いの方でリフォームを検討している方、静岡県のリフォームにはどのような特徴があるのでしょうか。

今回は、静岡県のリフォームの特徴とリフォーム会社について説明していきます。

雨が多く日照時間が長い

静岡県は他県からみて、「暮らしやすい県」といわれます。

一年を通して暖かく、夏は暑すぎず、冬は寒くない、雨も程よく振りますが、日照時間が長く、風も少ないので、体感的にも暖かく過ごしやすいです。

このような快適な環境は、静岡県の地形の特徴に起因します。

静岡県は三方を南アルプス、富士山、伊豆など全国屈指の高峰が並ぶ「中部山岳」、南は太平洋に面し平野になっているので、太平洋の上空で水分を蓄え、温まった空気が静岡県南部の平野上空で一気に冷やされ、雨となります。

また、南部山岳にある谷は雨を集めやすく、とても雨雲ができやすい地形となっています。このような理由で、静岡県は全体的に非常に降水量が多い県となっています。

しかし、静岡県には降水量が多い一方「日照時間が長い」という矛盾した特徴があります。実は、静岡県は降水量が多いのですが、雨が降る回数は少ないのです。一気にどっと大雨が振り、あとは晴れている、という極端な気候になっています。

そんな静岡県ですが、大雨による災害はほとんどありません。

静岡県は昔からのこの極端な気候を理解しているので、ダムや川の整備など大雨への対策がしっかりとしているのです。そのため、災害への心配もさほどなく安心して暮らすことができます。

暖かく過ごしやすい

先程説明した通り、静岡県は日照時間が長いです。

静岡市の年間日照時間は約2100時間。東京が1900時間なので、明らかに長いことが分かります。特に静岡県御前崎市は全国の主要観測地点のうちで最も年間日照時間が長いと報告されています。

このような恵まれた日照時間のお陰で静岡県は年中暖かく過ごしやすい、快適な暮らしができるようになっています。

そんな静岡県は、気候への対策に過敏になりすぎず、自由な設計でリフォームを楽しむことができます。

豊かな太陽光をふんだんに取り入れるため、大きめの窓や吹き抜け、天窓などを設置すると、暖房に頼りすぎることなく暖かく過ごすことができ、電気代の節約にもなります。

まとめ

静岡県では、数々の中堅リフォーム会社が人気を競い合っています。

静岡県のリフォームは先程説明した理由により、デザインにこだわることができ、そのためデザイン性に特化しデザイン部門で賞を取っているようなリフォーム会社が力を持っています。

また、大規模なリフォームを専門とする会社、安価で良いサービスを売りにする会社などそれぞれ売りにしているものが違うので、自分が計画するリフォームの内容や、重視したいことを踏まえて適切なリフォーム会社を選ぶことが大切です。
おわりに
いかがでしたでしょうか。静岡県の快適な環境を生かし、信頼できるリフォーム会社と満足のいくリフォームができるといいですね。

あわせて読みたい記事はこちら!