2020.6.22

茨城県のリフォーム会社の特徴について

茨城県のリフォーム会社の特徴について

茨城県にお住まいの方で、リフォームを検討している方、茨城県のリフォームにはどのような特徴があるのでしょうか。

今回は、茨城県のリフォームの特徴と、茨城県のリフォーム会社の特徴について説明していきます。

茨城県のリフォームの特徴 茨城県の気候

茨城県の気候は年間を通して温暖で、降水量も少なめでが、四季がはっきりと見られる茨城県は、それぞれの季節毎に特徴が見られます。

春は、強い風が前線を運び、三寒四温と言われる日本の気候をそのまま、3〜4日ごとに天気が変わります。

寒冷前線が雹をもたらすこともあれば、フェーン現象と呼ばれる、一気に気温が上がる現象により、山火事が懸念されたりします。

5月の「メイストーム」が終わった後の梅雨は長く続き、「集中豪雨」と呼ばれる顕著な大雨をもたらすこともあります。

夏は暑い日が続き、急な雨や落雷に襲われることもあります。秋は台風と秋雨前線による長時間の雨。冬は「木枯らし」と呼ばれる季節風が強く吹きます。

このように気候が激しい茨城県の住宅には、年中一定に保たれる室内環境と、豪雨や台風対策が必要です。

茨城県のリフォームの特徴 気候への対策

茨城県は、県の面積としては全国23位ですが、平坦であるため、可住地面積は全国で最も広くなっています。

そのため、茨城県の住宅は広く、日当たりが良いことが特徴です。温暖な茨城県で、室内環境を一定に保つためには、採光が最適です。窓を大きくとる、位置に気をつける、天窓を設置するなどが効果的です。

夏場の熱気が住宅に入り込まないよう、二重、三重構造の窓が快適ですし、また一時的な大雨が多い茨城県では、住宅の水害対策も必要です。

茨城県は、平坦な地形のために、雨が降っても留まらず流れていくので、住宅の対策としては、高床式にする、地盤を高くする、基礎をしっかりする、という大掛かりなものから、リフォームでも取り入れられる、壁を耐水性のものにする、家を防水壁で囲む、浸水した際のためにコンセントなどの精密機械を上の方に設置する、などの方法があります。

茨城県のリフォーム会社の特徴

茨城県では、全国規模の大手リフォーム企業よりも、地元の工務店が活躍しています。

地元の工務店は、茨城県の激しい気候など、土地の特徴を理解しているので、その土地にあった住宅を提案してくれることに魅力があります。しかし、地元の工務店は、得意としている分野が異なっており、評判があまり良くない会社もあるので、慎重に選ぶことが大切です。

自分の希望するリフォームに合っているか、評判や実績はどうかなどを事前にしっかりと調べておきましょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか。茨城県ならではの特徴を知り、自分に合ったリフォーム会社と、満足のできるリフォームができるといいですね。

あわせて読みたい記事はこちら!