2020.11.30

【アイデア特集】リビングのリフォーム案

【アイデア特集】リビングのリフォーム案

ワークスペースを作る。

在宅ワーク、あるいは在宅でのオンライン授業が始まって、一番広いダイニングテーブルが資料やパソコン、テキスト、そしてノートなどでいっぱいになってしまっているというご家庭も多いのではないでしょうか?

ダイニングテーブルは食事やおやつを食べる場所、くつろげる場所として確保して、仕事や勉強をする場所は別にある方が、作業もはかどりますし、ダイニングテーブルがものであふれることもなくなります。

リビングのどこかの壁に向かって、奥行きはなくていいのでカウンターテーブルのようなテーブルを設置して、手元が暗くならないようにランプを置きます。

物の散乱を避けるために、何段かの引き出しや収納ボックスをカウンターテーブルの近くに設置すると尚よいでしょう。

余分な物の置かれていないカウンターテーブルの方が、ダイングテーブルでやるよりも仕事や勉強もはかどります。

リビングの一部に一段高い和室コーナーを作る

和室をカッコよくないものとして、敬遠する傾向がある一方で、和のものをモダンなテイストを取り入れて今の暮らしにカッコよく使っていくという動きもあります。

そんなものの一つとして、木製の引き出しの上に畳を貼った檀状の置き畳というものが出回ってきています。

引き出しといっても、座った時にベンチのような高さになるように作られているので、畳の下の収納力はかなりあります。

それを4つほどおけば、リビングにおいて少し高い位置で見晴らしもよく、上が畳なので寝転ぶこともできる、またフローリングよりあたりが柔らかいので、子供が遊ぶにも安全な場所になります。

家族がくつろぐ場所、遊ぶ場所がリビングにプラスされて新鮮な感じになります。

家族のお気に入りを飾りながら収納する棚を置く

部屋に一か所でも本当にお気に入りの箇所があると、部屋の満足度は格段に上がるといわれています。

こんなご時世だからこそ、その作用を取り入れるために、飾り棚のようなものをリビングに置いてみてはいかがでしょうか?

ガラス製の縦長な飾り棚も今はインテリアショップなどで手軽に手に入れることができます。

その飾り棚に家族全員の好きなものを、場所を決めて置けば、ふと目に入って時に元気をもらうことができます。

時折並べ替えなどもして、家族で楽しい時間を過ごされてはいかがでしょうか?

おわりに

年末年始はさらにリビングでの時間は増えるのではないでしょうか?

年が明ける前にリビングのプチリフォームを実行されてはいかがでしょうか?

あわせて読みたい記事はこちら!