2020.10.31

【diy】自分でできるコロナ対策リフォーム

【diy】自分でできるコロナ対策リフォーム

コロナウイルス対策はしたいけれど、業者に頼むような余裕はないという方も多いのではないでしょうか?

今回は自分で手軽にできるコロナウイルス対策リフォームについてみていきます。

ワークスペースを作る

テレワークになって、自宅で仕事をする必要があるものの、自宅に集中して仕事ができるスペースがないという方も多いのではないでしょうか。

仕事には多くの場合、パソコンと隣で作業するスペースが必要なので、広いテーブルというとどうしてもリビングのダイニングテーブルになってしまうという方も少なくないでしょう。

しかし、リビングは家族共有の場所で、仕事をしていても生活音が気になってしまったり、お子様の見えるご家庭では、子供が話しかけてくるという状態であることが容易に想像できます。

仕事をしている本人が集中できないのもそうですが、生活をしている家族もテレビが見れず、音を出さない注意が必要で、まったくリラックスできないという話もよく聞きます。

そこで、是非リビングではない寝室などの一角にワーキングスペースを作ってみてはいかがでしょうか。

省スペースでも設置できるように、パソコンが置けるほどの奥行きが狭く、左右で作業のできる細長いタイプの机を探すのもいいですし、もし見つからなければカラーボックス二個を端に板を乗せ、収納も兼ねてワークデスクを手作りしてしまうのもおすすめです。

壁に向かって設置すれば、思いのほか集中できますし、後ろを壁の位置に設置すればリモート会議で映り込んでしまう背景を気にしなくてよくなります。

抗ウイルスシートを貼る

コロナなどのウイルス性の感染症に対しては、共有の場所にウイルスが残っていて、それを触った後、手洗いをすることなく目・口・花を触ってしまうことで粘膜にいってしまうと感染してしまうということがあります。

家の中には気密性を保つためドアがいくつもあり、そのドアを開閉するときに触るノブなどは無意識に触っているので危険となります。

そのドアノブなどに抗ウイルスシートを貼るのは、お金もそれほどかからないうえに効果は高い自分でできる手軽なリフォームです。

おわりに

まだまだ終わりが見えてこないコロナウイルスとの戦いに疲れてきてしまったという多いのではないでしょうか?

段々寒くなり、他の感染症が流行してしまう前にDIYで自宅をウィルスとの戦いに負けない快適な空間にリフォームしてみてはいかがでしょうか?

あわせて読みたい記事はこちら!