2016.6.15

知ってたらツウ?リフォームに役立つ専門用語をご紹介!

知ってたらツウ?リフォームに役立つ専門用語をご紹介!

リフォームの際は、プランニングから施工完了までのあらゆる工程において、たくさんの専門用語にふれることになります。

 

リフォームで登場頻度の高い専門用語を正しく知っておくことは、施工業者とのスムースなコミュニケーションを図るのに役立つものです。

 

ここでは、主に工法や設備についての専門用語に絞って解説します。

工法・構造・基礎部分

Fotolia_56372052_Subscription_Monthly_M

 

RC造鉄筋コンクリート(Reinforced Concrerte)構造の略称です。型枠に鉄筋を配置してからコンクリートを流し込み、固化してから型枠を取り除きます。

 

 

基礎建築物を支える下部構造全体を指します。建物の大きさや構造によって独立基礎布基礎べた基礎などの形式があり、最適な工法を採用します。

 

 

アンカーボルト土台や基礎のズレを防ぐため、あらかじめ基礎部分に埋め込んでおくボルト。建物の隅や土台の継手となる部分に設置します。

屋根・壁・室内の造作部分

Fotolia_66120975_Subscription_Monthly_M

 

アスファルトルーフィング屋根用の防水資材。フェルトや板紙にアスファルトを浸透させて塗り重ね、砂状の粘着防止剤を吹き付けています。

 

 

切妻屋根屋根の形式の一つで、2面を山型に構成した最も一般的なスタイルです。

 

他の形として、寄棟片流れしころ入母屋のこぎりなど様々なバリエーションがあります。

 

 

腰壁床から腰あたりの高さまでの壁の部分。上下で異なる壁の仕上げを区別するための名称です。

 

 

袖壁柱や壁から外側へ張り出した幅の狭い壁。構造上の都合で設けられるほか、防火・防音、目隠し、集合住宅で各戸のベランダを仕切る壁にも見られます。

キッチン・バスルームなど

Fotolia_76863900_Subscription_Monthly_M

 

ビルトイン機器キッチンにあらかじめ組み込まれている設備機器。食器洗い乾燥機、浄水器、オーブンレンジをシステムキッチンに組み合わせる例が多いものです。

 

 

ワークトップ調理作業を行なう調理台のこと。最も一般的なステンレスをはじめ、人工大理石メラミン樹脂天然石タイル木質などいろいろな材質があります。

 

 

ユーティリティ洗濯やアイロン作業などの家事スペース。キッチンに隣接して設計されることが多く、家事を効率的に行える工夫が凝らされています。

 

 

防水パン=ユニットバスなどのために、防水仕様とした床の設備。洗濯機を設置するための「洗濯パン」も防水パンの一種です。

 

 

サニタリートイレ、バス、洗面所などの総称。これらが1つのスペースにまとまって配置されているものは「スリーインワン」とも呼ばれます。

収納関連

Fotolia_76973376_Subscription_Monthly_M

 

ウォークインクローゼット=洋風の衣類収納スペース。内部は歩いて移動できるくらいのゆとりを確保しています。

 

 

納戸=主に収納用に使われることの多い、狭いスペース。通気や採光などの面で建築基準法をクリアしないので、居室とは認められない場所です。

外構部分

Fotolia_84884302_Subscription_Monthly_M

 

エクステリア住宅の外回り、外構部分の総称。門扉、塀、カーポート、生垣、駐輪場などのスペースを含みます。

 

 

テラス室内から続いて外に張り出したバルコニー部分。ウッドデッキにすると室内の延長として使えます。

 

 

ピロティ1階の空間の一部を壁で囲まず、柱で支える空間。開放感があり、カースペースなどとしても使い勝手が良いデザインです。

あわせて読みたい記事はこちら!