2021.5.14

カビ対策のリフォーム特集

カビ対策のリフォーム特集

水回りに始まり家のあらゆるところに発生するカビ。

何回掃除しても発生してきてしまい、鬱陶しいですよね。

カビを根本から対策するのにはカビが発生しない環境を整えることが最も効果的です。

今回は、カビ対策に良いリフォームについて紹介していきます。

日本の住宅に多いカビ

そもそもカビの正体は何でしょうか。

カビは糸状の細胞から成る、胞子で繁殖する菌類の一種です。

湿度の高い環境を好むため、日本のような温暖湿潤気候の国はカビにとってとても暮らしやすいのです。

家に生えるカビは、主に「クロワカカビ(黒カビ)」と「青カビ」です。

「黒カビ」は最もよく見られるカビで、結露の多い場所や水回りによく発生します。

「青かび」は食品に発生しやすいカビですが、家具や畳などにも発生し、人体への悪影響が大きいので早急な対策の必要があります。

カビ対策リフォーム 二重窓

カビが発生しやすいのは湿度の高い所です。

特に気をつけたいのは、冬場知らないうちに窓枠が水浸しになっている、結露です。

結露は外部の冷たい空気と室内の温かい空気が窓を介してぶつかり、窓近くの室内の空気が急激に冷やされ、抱えきれなくなった空気中の水分が水となって窓に付着する現象です。

そのため、最も効果な結露の抑制方法は、窓を介した温度差を縮めることです。

二重窓は、二枚の窓ガラスの間が真空になっているので、室内の空気に触れるガラスと外気に触れるガラスの温度が互いに伝達しない仕組みになっています。

結露を防ぎ、冷暖房の効きを良くする効果もあるので、光熱費の節約にもなって一石二鳥ですね。

カビ対策リフォーム 床下換気扇

畳やクッションフロアに発生しやすい青かびの予防には、床下の空気の通りを良くすることが効果的です。

床下の換気には、床下乾燥機を設置することが一番です。

同様の方法が押し入れやクローゼットのカビ対策にも有効です。

また、アレルギーなど特にカビが気になる方は、フローリングに床材をリフォームしてしまうことが一番手っ取り早いです。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

カビ対策を根本から徹底して、すっきりと快適な部屋でおうち時間を満喫しませんか。

あわせて読みたい記事はこちら!