2021.5.14

東向き物件のリフォーム特集

東向き物件のリフォーム特集

新型コロナウイルスの影響で家にいる時間が増えている今、お家時間を快適にするため、リフォームをしてみたいと考えることが多くなったのではないでしょうか。

今回は、午前中の日当たりが良い、東向きのお家を快適なものに変えるリフォームについて考えていきたいと思います。

東向きの家

一日中日当たりの良い南向きの家は一番人気がありますが、次いで人気なのが東向きの家です。

東向きの家には朝の太陽の光がふんだんに届くため、健康的に朝日で目覚め、晴れた日の午前中は冬でも暖房が要らないほど暖かいというメリットがあります。

その一方で午後からは日差しが減るので寒くなり、洗濯物を早朝から干さないと乾きづらいというデメリットがあります。

そういった特徴を踏まえたリフォームについて考えていきます。

朝日の恩恵を活かす

太陽の光は私たちの生活にとって欠かせないものですが、中でも朝の光は、精神的な健康をつかさどる幸せ物質セルトロンを脳内で作ることに影響をしており、このコロナ渦において、その重要性が再注目されています。

東向きの家ではその貴重な朝日をふんだんに自然に享受できるというすごいメリットがあるので、そのメリットを活かしきるようなリフォームをおすすめします。

窓越しに光を浴びるのも効果があるのですが、さらに効果を高めるために、東向きにベランダや庭のある家では、そこでガーデニングを始める、また人目を避けて快適なテーブルと椅子を置くリフォームがおすすめです。

マンションや一戸建ての庭などで人目が気になる場合は、視線が気にならないようにラティスを設置してそれに鉢植えを吊り下げてガーデニングもすると目隠しと植物の癒しが同時に叶います。

外でガーデニングをする、あるいは朝食を食べたり、お茶を飲んだりすることで、直接朝日を浴びて、健康的に気持ちも前向きに一日を始めることができます。

他の方位に窓を設置する

東向きの家では、やはり午後が暗く寒いというのがデメリットになってくるので、隣に家がある場合などは、大きさや位置にこだわらず、他の方位にも窓を設置することを検討するのがおすすめです。

今は横長や縦長の小さい窓も増やすことができ、ガラスも光は通すけれど、視線は気にならない仕様になっているので、暗かった面にそういった窓を増やすと、部屋全体が明るくなり、一日を通して変化も感じられるのでおすすめです。

おわりに

日中家にいない人はいいけれど、一日中家にいる人にとっては少し躊躇してしまう東向きも、東向きにしかない良さがあり、午後のデメリットも改善できる方法もあることがわかりました。

一日を快適に過ごせるリフォームを検討してみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい記事はこちら!