2022.1.21

リビングが寒いご家庭におすすめのリフォーム特集

リフォームで気密性、断熱性をアップ

2047448_s

リビングが寒く、居心地が悪いというお家もあるでしょう。
特に冬場は閉め切った状態で暖房をつけても温まらず、食事を取るだけの空間になってしまうことも少なくありません。
暖房の効きが悪いと電気代も心配になります。
寒さ対策の方法は、カーテンの種類を厚手に変えたり、窓の隙間にテープを貼って隙間風を防ぐなど様々ありますが、リフォームも検討してみてはいかがでしょうか。
寒いリビングは断熱リフォームで解決することができます。
断熱リフォームは気密性、断熱性が下がっているところに行います。
例えば、壁や天井です。
壁の内側に断熱材を入れたり、外側から骨組みの間に断熱材を貼って行くことで気密性や断熱性を上げることができます。
また、天井側から冷気を感じる場合は天井裏の断熱リフォームも効果的です。

樹脂サッシや二重窓の設置もお勧め

22662294_s

壁や天井など構造部分のリフォームは効果的ですが、費用が高くなってしまうため、なかなか依頼できないという家庭もあるのではないでしょうか。
コストを抑えながら暖かいリビングにする方法もあります。
一つは、窓サッシの交換です。
お家の中でも窓は気密性、断熱性を大きく下げる部分です。
5、6割もの空気が出入りしているとされているため、窓サッシを樹脂にしたりペアガラスに交換して性能を上げるといった方法はとても大きな効果があります。
特に樹脂サッシは北欧や北米など寒い地域で主流となっており、日本では北海道、北東北で多く取り入れられているようです。
アルミと比較すると熱伝導率が約1000分の1と低く、熱を伝えにくい材質なため、断熱性を大幅に上げることができます。
寒さを解決するだけでなく、結露も生じにくくなるためカビやダニの対策にもなるでしょう。
また、内窓を設置し、二重窓にするという方法もあります。
二重窓は断熱性と遮音効果も期待できるため、生活音が気になるという家庭にお勧めです。
このように、断熱リフォームで寒いリビングを暖かくすることができます。
お家が寒いとヒートショックなど健康に悪影響を与える恐れがあるため、リフォームをしてみてください。

あわせて読みたい記事はこちら!