2022.3.15

トイレが寒いというご家庭におすすめのリフォーム特集

リビングや寝室が暖かくてもトイレが寒いと急激な温度差により、体に大きな負担がかかります。
ヒートショックのリスクも高まるため、寒いトイレはとても危険です。
特に、高齢者のいる家庭は対策が欠かせません。
事故が起きる前にリフォームで寒さ対策をしましょう。

寒くなる原因とは?

1793604_s

リフォームをする上で、まずはトイレが寒い原因を知っておきましょう。
原因の1つは方角にあります。
リビングなど家族が集まるお部屋は日当たりの良い東向き、南向きに設置されることが多く、水まわりを日当たりの悪い方角につくる傾向にあります。
日当たりが悪いと室内も寒くなってしまい、冬は5度〜8度になることもあるようです。
また、窓を設置していると室内の熱が外に逃げて、更に寒くなります。
古いトイレは床がタイルになっていることが多く、素材の性質上、暖かくなりにくいです。
最近ではひんやり感をなくしたタイル素材も登場していますが、昔から使われているタイルは加工が施されていません。
夏はひんやり感があって良いですが、ヒートショックのことを考えると、床材もリフォームで交換することをおすすめします。

寒さ対策になるリフォーム方法

23500320_s

寒いトイレを改善するリフォーム方法は様々ありますが、窓がある家庭は内窓や雨戸を設置すると効果的です。
寒さ対策だけでなく防犯効果も高まります。
しかし、窓を変えると予算が高くなるため、そこまでお金がかけられないという方もいるのではないでしょうか。
その場合は、断熱性のあるシートやカーテン、ブラインドなどを活用するのがおすすめです。
昔ながらのタイルを使っている場合は、サーモタイルやクッションフロアに張り替えましょう。
ひんやりしないタイルやクッションフロアに変えるだけで寒さ対策になりますが、下地に断熱材が入っていないお家はあまり効果が期待できません。
大掛かりな工事が必要になりますが、断熱リフォームも検討してみてください。

おわりに

トイレリフォームの方法は手軽に行えるものから大掛かりな工事が必要になるなど規模も様々です。
予算の関係もありますが、暖かいお部屋から温度差が10度以上ある場合はヒートショックの危険があるため、早い段階でリフォームしてみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい記事はこちら!