2022.4.8

洗面所が暗いご家庭におすすめのリフォーム特集

洗面所が暗いという悩みからリフォームを検討する方が少なくありませんが、なぜ暗いのか原因がわからない方も多いです。
暗さを改善するために、まずは暗いと感じる原因を知る必要があります。
洗面所のリフォームをしようと考えている方は、よくある原因とリフォームのポイントを知っておきましょう。

照明や色味を変えるだけで雰囲気が改善!

23141769_s

原因の一つは、照明です。
照明には種類があり、デザインだけでなく、明るさ、色味まで様々です。
暗い照明はおしゃれな雰囲気があり魅力的に感じますが、水まわりが暗いと身支度をする際にも見えにくいなど支障をきたすことがあります。
照明を変えるだけでも改善されるケースもあるため、一度チェックしてみてください。
照明の位置を変えるのも改善方法の一つです。
場所によって光の当たり方が異なるため、照明を増設すると全体的に照らすことができるでしょう。
壁や床の色味が洗面所全体を暗くさせていることもあります。
黒やグレー、濃い茶色は落ち着いた雰囲気、上品さがありますが、明るさを確保したい場合は白系の色にリフォームしましょう。
全てを白で揃えなくても部分的に取り入れることで明るい雰囲気になります。

窓の設置や思い切って間仕切りを撤去!

4870715_s

窓がなく、外からの光が入ってこないという原因もよくあります。
窓がないと風通しが悪く、湿気も溜まりやすいです。
また、窓があっても棚や装飾品が邪魔になり、光を遮っていることも少なくありません。
壁に窓を設置することができなければ、天井や壁の高い位置から太陽光を採り込みましょう。
思い切って洗面所の間仕切りや扉を撤去するのもおすすめです。
リビングなど隣接するお部屋からの光が入り込みやすくなるだけでなく、圧迫感がなくなり、広々とした洗面所になります。
また、扉を開け閉めする手間が省け、すぐに手洗いなどができるのもメリットです。
しかし、周りから見えやすくなってしまうため、日頃から整理整頓し、お掃除をして清潔さを保たなければなりません。

おわりに

洗面所が暗くなる原因は様々です。
何が原因になっているのかを確認し、予算とのバランスも考えながら最適なリフォーム方法を考えてみてください。

あわせて読みたい記事はこちら!