2022.5.13

部屋干しがしやすいようにリフォームしよう

《天候を気にせず洗濯ができる部屋干し》
お家にベランダやお庭があっても部屋干しが良いという方も多いのではないでしょうか。
部屋干しは乾きづらい、生乾き臭が気になるなどのデメリットがありますが、工夫するとそのような問題も解決できます。
また、花粉や外気の汚れを気にする必要がなく、日焼けによる変色、褪色などの傷みも防げるというメリットがあります。
梅雨の時期や雨の日も気にせず干せるのもポイントです。
しかし、お部屋に干せるスペースがないという方もいるでしょう。
その場合は、リフォームで部屋干しスペースを作ってみてはいかがでしょうか。

邪魔にならない部屋干しユニット

3151615_s

お家が狭く、物干しスタンドが立てられない場合もあるでしょう。
そのような場合にでも手軽に取り入れられるのが、部屋干しユニットです。
天井から吊り下げるタイプのため邪魔になりません。
また、使用するときにだけ天井から下ろし、使わないときは天井に収納することもできるため、とても便利です。
また、間取りも変わらないためリフォーム費用も安く抑えることができます。
設置する場所は自由に選ぶことができますが、おすすめは洗面所近くです。
洗濯機から近い場所に設置することで家事効率が大幅にアップします。
リビングに設置するとエアコンの風を利用して乾かすことができるなどのメリットがありますが、リビング以外でも空間が狭ければ短い時間で乾燥させることができ、生乾き臭を防ぐことができます。

2〜3畳あればリフォーム可能です

22713516_s

間取りに余裕がある方は、洗面所の近くに部屋干しスペースを新しく作るのもお勧めです。
その近くにウォークインクローゼットなども設置すると、お片付けの手間が省けます。
部屋干しスペースは広すぎず狭すぎないことがポイントになるため、2、3畳を目安にリフォームしましょう。
2畳ほどでも物干し竿を2本設置することができ、家族4人分の洗濯物は干すことができます。
洗濯物を畳んだり、アイロンがけも同スペースで行いたい場合は3畳ほどあると便利です。
効率の良い家事導線を考えながらスペースを確保してみてください。

あわせて読みたい記事はこちら!