2016.10.26

どうする?砂壁をリフォームで見違えるほどきれいにする方法

どうする?砂壁をリフォームで見違えるほどきれいにする方法

砂壁は何となく、古くさい和室のイメージがありますよね。

そして汚れやひび割れなども目立ちやすく、「なんとかきれいにしたい!」と思っている人もいると思います。

この機会に、砂壁をリフォームして部屋をきれいにしてみませんか?

難しくないDIYで、お手軽に壁をイメチェンすることができます!

休日を利用して、セルフリフォームにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

今回は、砂壁を綺麗にする方法をご紹介します。

砂壁ってどんな壁?

o064009601291085557574

 

まずは砂壁について知っておきましょう。

砂壁とは色砂を接着剤で練った上塗りのことで、おもに土壁に使われています。

色砂には天然砂や砕石、金属粉やガラス粉などが用いられています。

砂壁は年月を経るとだんだんと接着剤が変化し、色砂がポロポロと剥がれてきてしまうというデメリットがあります。

そうなると見栄えが悪くなってしまうので、なんらかのリフォームが必要になってきます。

 

珪藻土、漆喰を使う

6219900_02

 

珪藻土、漆喰を使用したリフォームがおススメです。

これらには砂壁と同じ効果があり、防カビ抗菌・消臭にも優れているため、砂壁のメリットを残しておきたい方にはピッタリのリフォーム方法です。

まずは床面や塗料が付いてはいけない箇所にマスキングテープやビニール袋で養生します。

次に砂壁にヒビが入っているような、凹みが激しいところにパテ埋めをします。

そしてシーラーを塗って乾燥させたら下地の完成です。

シーラーが乾いたらその上に漆喰または珪藻土を塗っていきます。

右利きの人はコテを左から右へ、左利きの人は右から左へ動かしていくと塗りやすいので参考にしてください。

その後は、完全に乾く前に二度塗りで模様を付けていきます。

漆喰や珪藻土を平らにならしてシンプルにしても、コテを動かして模様をつけても良いです。

塗りに失敗した部分があれば、霧吹きで水を吹きかけて水分を持たせた状態で塗り広げていきましょう。

壁紙で簡単にオシャレに!

9e47923fdfebc982e60ad696f1903f2a

 

壁紙で覆い隠してしまうのも一手です。

壁紙はデザインが豊富で価格が安く、広く普及しています。

特にカビ・傷・汚れに強いといった、機能性クロス(壁紙)がおススメです。

ただし、砂壁に直接クロスを貼らない方がよいでしょう。

なぜなら、仕上がりや耐久性に問題が出る可能性があるからです。

ですから、クロスを貼る前に砂壁用シーラーを塗りましょう。

シーラーを塗り、よく乾かしてから壁紙を貼ります。

乾燥があまいと、はがれる原因にもなるので注意です!

シーラーを砂壁に塗ると、吸着性が上がり壁紙がきれいに貼れます。

また、カビや下地から出るアクを防ぐ効果もあります。

ベニヤ板で隠すのもOK

WS000030-718x521

 

壁の上に、ベニヤ板を貼って隠してしまうのもいいでしょう。

こうすることで、そのままでも和室感がなくなる上、ベニヤ板の上に新しく壁紙を貼ったり、漆喰などを塗ったりすることがしやすくなるというメリットもあります。

砂壁が古い場合は、表面の砂がはがれ落ちてくることがありますので、その際は下地材であらかじめ固めてからベニヤ板を貼るといいでしょう。

あわせて読みたい記事はこちら!